彼をおもてなし…お泊りデートのおうちごはんがアツ~くなるプラン #13

ananweb

2018/3/8 21:19



ひとり暮らしの独身女性が、友だちや彼氏を部屋に呼ぶ時。おもてなしがチラリと見えるようなテーブルコーディネイトがしたいものですが、かといってお皿やグッズを買いそろえるのは現実的ではない。気軽に手に入るもの、もしくは家にあるもので、どうやったらおしゃれに見えるのか? ただいまテーブルコーディネイト勉強中の保育士・小阪由佳さんが、簡単にマネできるテクニックをイケメンコーディネーターの中野瑞貴さんに教えてもらいます! 今回は、春目前のいま、終わりつつある冬の楽しみかたです。

文・小阪有花

■ 春はすぐそこだけど、まだまだ寒い!


小阪
寒い冬ももうすぐ終わりますね。
中野
そうですね。寒い季節の終わりだからこそ、最後に思い切り冬を満喫してもらいたいと思います。そこで、冬のラストに、見た目もあったまるコーディネイトをして彼氏を喜ばせましょう。


中野
今回はいろり鍋を使った和風コーディネイトです。鍋って視覚的に温かく感じますよね。
小阪
いろり鍋、これは、あまり使い道はないけれど、今なら300円ショップで安く手に入るから、ぜひ使いたいですね。


中野
お食事を和にすると全体にバランスが良くなり、素敵な空間が生まれます。最近よく見かけるのは、写真でお団子が乗っている、ストーン素材の器。こちらも、100円均一でも売ってますのでオススメです。


中野
石の荒削り、竹など自然界の物を使ったテーブルウェアは人の心をホッとさせる効果があります。常に身近にあり、視界に入るものだからです。なので、ランチョンマットに竹を使い、テーブルを和風に変えています。せっかくいろり鍋を使うのに洋風のテーブルだともったい無いですからね。
小阪
小道具のひとつひとつが、和の安心感を演出してくれているんですね。ここでもやはりキャンドル登場ですね。
中野
キャンドルを炊くこともひとつの手。実際に空間は火によって暖かくなり、キャンドルの火の揺らぎによってもリラックスを得ることができます。


小阪
和で統一していると思ったら、ティーカップがありますね。
中野
このティーカップは、ティーカップ自体は洋の物だけど、柄が和風だったから採用しました。芍薬と菊のデザインが和をイメージさせてくれます。
小阪
なるほど。和と洋のコラボは今では主流になっていますが、やり方が難しいと思っていました。でも、洋の中にも和の共通点を見つければ良いんですね!
中野
他にも、竹のランチョンマットに乗ってる赤い布はナプキン。こちらは、お食事をするときにひざ掛けにつかうものとして置いています。コーディネートのデザイン性を高めるためにランチョンマットとお皿の間に入れてあります。
小阪
今回はポイントが盛りだくさんでしたね。
中野
最後の冬のコーディネイトなので、ちょっと工夫してみました。寒い季節ももう少しで終わります。風邪などひかぬよう、最後まで温活コーディネイトで乗り切りましょう!

■ Information

中野瑞貴さん

TV、メディアで紹介されている、イケメンによる紅茶教室『プライベートサロン シェシカ』の講師。テーブルコーディネーター1級、テーブルウェアフェスティバル2017テーブルコーディネートコンテスト2作品入選。

こさか ゆか/保育園プロデューサー リバイバルミーティング代表。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター資格習得。 2004年ミスマガジングランプリを獲得し芸能界デビュー。グラビアアイドルとして活躍後、2009年に引退。現在は子どもの心スペシャリストとして活動中。

(C)Courtney Keating/Gettyimages

あなたにおすすめ