最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ゼロから考え直したい」発言は建前!? 池田エライザ「CanCam」専属モデル本当の卒業理由は「着る服が私の趣味に合わないから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『君の名は。』や『何者』を企画・プロデュースした川村元気氏が書いた小説『億男』が、人気俳優の佐藤健・高橋一生のW主演で映画化され、若手女優の池田エライザも出演することが発表された。

池田は、2015年公開された映画『みんなエスパーだよ!』のヒロイン役のオーディションを受け、見事その座を勝ち取ったという演技力を備えた若手女優。同映画では豊満なバストを生かしたエロい演技が観客の間で話題に。現在、若手女優の中で最も注目を浴びており、最近では17年末に放送されたドラマ『暇な女子大生』(テレビ朝日系)で主演を務めるなど、目覚しい活躍を見せている。

そんな池田だが、“もともとはモデル”という経歴を持つ。09年にファッション誌「ニコラ」(新潮社)のモデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルデビュー。日本人の父とフィリピン人の母から受け継いだ美貌で人気を博し、一躍人気モデルの仲間入り。13年からは「CanCam」(小学館)の専属モデルを務め、エリートコースを歩んできた彼女だが、18年1月25日に自身のInstagramにて、同年3月号で卒業したことを突如発表。誌面で組まれた特集では、卒業となったいきさつを説明し、今後は女優業を本格化するとの発言を出していた。

しかしこの卒業、実は“女優業の本格化”が理由ではないようだ。

「前向き発言をしていましたが、卒業の本当の理由は『「CanCam」で着る衣装が自分の趣味に合わないから』というものです。実は彼女、フェミニンな服よりストリートっぽい服装の方が好き。そういう葛藤があって辞めたみたいです。しかし、『CanCam』といえば、“専属になりたくてもなれない”というモデルたちが憧れる雑誌。それなのに、『卒業の本当の理由がこれかよ!』と関係者からは呆れたとの声が。さらに一部からは『ちょっとわがまますぎでは』との声も上がっていましたね」(ファッション誌ライター)

確かに、彼女のInstagramを見ると、ストリート系ファッションを着た写真ばかり。ファンにウソはつけない、と彼女なりに考えて出した卒業だったのかもしれない。しかし、誰でもなれるわけではない専属モデルの座をそんな理由で卒業してしまったのならば、周囲から「わがままだ」と言われるのも無理はないだろう。

今後、女優業の方でも“役が趣味にあわない”とならないことを祈るばかりだ。

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス