マンガの効果で売り上げ4倍! レズ風俗経営者が語る、“女性だけの世界”が必要なワケ


 2年前、漫画家・永田カビさんがレズ風俗に行った経験をつづったマンガ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)が話題になった。そのマンガに登場したレズ風俗店「レズっ娘クラブ」の代表・御坊(おぼう)さんが、このたびレズ風俗を始めたきっかけから10年間の店舗経営の経験をまとめた著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)を上梓した。そこで、御坊さんに、女性が女性に癒やしを求める心理やレズ風俗の魅力について話を伺った。

■体重や容姿を気にすることなく、誰でも利用してほしい

――永田カビさんのレズ風俗レポのマンガを読んだとき、どういう感想を持たれましたか?

御坊さん(以下、御坊) 最初、レズ風俗のマンガがピクシブにアップされていると聞いて読んだときは、東京の店かと思っていました。でも読んでみたら「大阪弁やんなあ」って(笑)。それでカビ先生のTwitterアカウントを見つけて「うちかな?」と聞いたら「そうです。そちらです」「こんなレポ公開して、だめだったら消そうと思っていた」というようなことを言われたので、「いやいや! うちも宣伝させてもらいます!」って話を交わしたんです。カビ先生の本のおかげで、お店の売り上げは4倍にもなりました。

――今回、御坊さんが本書を書くことになったきっかけを教えてください。

御坊 最初は編集者の方に声をかけていただいたのですが、当時は「風俗店の経営者の本=成功者の本」だと思っていて、ウチのお店はまだそんなに成功していないし……と思って一度はお断りしたんです。でも、2017年にお店の10周年のトークイベントをロフトプラスワン WESTでやらせていただいた際、10年間の歴史を箇条書きにしたら、ものすごい量になってしまいました。トークイベントではしゃべり足りなかったんです。この10年間、もっと大変なことがあったと思い、再度編集者の方に電話して、今回本を出すに至りました。

――お店には「体重が重い」とか「容姿がよくない」「年齢的にオバサンだから」と気にして、利用を躊躇されている女性からの問い合わせが多いそうですね。男性キャストが相手をする女性向け風俗店の中には、体重が重い人の利用を断る店もあるので、気にしているのでしょうか?

御坊 本当にその問い合わせは、僕も不思議です。「体重が重いので心配です」っていうテンプレートがネット上のどこかに落ちているのではないかと思うほど、自分の体重や容姿、年齢を気にする問い合わせが多いです。体重が重いから店を利用できないって、まず女性に対して失礼ですよね。お店のルールさえ守ってくれたら、誰でも来てほしいと思っています。

また、「私、キャストさんにエッチだと思われませんか?」と不安な気持ちを問い合わせてこられる方もいますが、「いやいや、そういうことをするお店だから、だいたいのことは大丈夫ですよ!」って(笑)。でも、その一言で安心して、予約を入れてくれたりします。利用したいと思っていても、もうひと押し欲しい方が多いようです。

――永田カビさんも、実際にお店に行くまで、ものすごく悩んでらっしゃいましたよね。

御坊 初めての方が利用するハードルは高いと思うので、そこは下げないといけませんよね。「行かない理由」ではなく「行く理由」をたくさん作りたいです。2月中限定で、本書を買ってくれた方には書籍購入割引も実施しました。この割引を使って予約をしてくれた方もいますし、こういうきっかけや理由を、こちらから作ってあげたいです。

――レズっ娘クラブはレズビアンではない女性も利用するとのことですが、女性同士だからこそ安心できるという点もありそうですね。

御坊 そうだと思います。でも、癒やしだけでなく、やはり快感抜きには語れないようですね。おそらく、ウチのキャストは男性よりもテクはあります。レビューに「彼氏とではイケなかったのに初めてイッた」とか「初めて潮を吹いた」といった記述があると、“おめでとう”って思います(笑)。女性同士だからこそ、やってもらってうれしいことがわかるんでしょうね。お店を利用して「扉が開いた」というお客さまもいます。

――ここ最近、セクハラに声を上げる「MeToo運動」や女性専用車両にわざと男性が乗り込む嫌がらせ行為など、女性をめぐる社会問題に関する議論が盛んになっています。また、Twitter上では「女性だけの街があれば安心して暮らせる」という話題が上がったりするような状況の中、女性だけの世界であるレズ風俗は、女性にとって安心できる場所のひとつになっているのではないかと思うのですが、御坊さんはどうお考えですか?

御坊 僕自身は、社会について何も口を挟む必要はないと思っています。そのような思想はなく、完全に店至上主義です。すべてはお店のためです。とはいえ、女性にとっての「安心」「安全」は常に考えているので、女性のみなさんがそう思ってくれる分には、うれしいですね。

――御坊さんがオススメするレズ風俗の楽しみ方は、どういうコースですか?

御坊 レズプレイを楽しめる「ビアンコース」は必須ですが、その前に60分間のデートをオプションでつけられるので、まずはデートをしてから、ホテルに入って90分のビアンコースに移るのがいいと思います。デート中、キャストが緊張をほぐしてくれたり、プレイでどんなことをしたいか、どんなことをされたくないかなど、希望を聞き出してくれます。そうやって話していくうちに、お客さまもリラックスできるので。デートをしてビアンコースに臨むのと、せずに臨むのとでは、全然違うと思います。

――でも、キャストさんからエッチだと思われることを心配するお客さんがいるように、デート中にヒアリングされても、恥ずかしくて答えられないお客さんもいますよね?

御坊 それを聞き出すのがキャストの仕事です。答えにくかったら予約フォームに「キャストへの伝言」という欄があるので、そこに書いていただけるとうれしいです。でも、ベテランのキャストは本当に自然に聞き出すので、さすがだなと思います。

――人気の出るキャストは、どんな素質の方ですか?

御坊 それは働いてみないとわからないです。でも、意識が高い人でないと難しいと思います。うちはHP上のプロフィール写真でキャストの顔出しをしていないし、お客さまとキャストが直接連絡を取り合うこともないので、それぞれが発信しているブログが唯一の営業ツール。お客さまが喜ぶような内容のブログを更新したり、お店全体のことを考えてくれたりするキャストのほうが指名率は高いです。自分のことばかりでなく、ほかのキャストのことも考えてくれるような人。そういうキャストは、「自分が何をしてもらったらうれしいか」と考えるところから入るのだと思います。些細なことでも、やってあげたほうがいいと思ったらやるとか。

――御坊さんがお店を始めた10年前は、まだLGBTという言葉も浸透していない時代です。10年前と比べて、お店を利用する人やキャストの傾向は変わりましたか?

御坊 変わったと思います。昔はレズビアンの人たちの居場所がなかったので、出会い目的の方が多かったです。でも、今はLGBTのイベントも増えましたし、SNSも普及し、同性愛者向けの出会い系サイトもあります。そういうツールが増えたにもかかわらず、うちを利用してくれるお客さまがいるのは、本当にありがたいです。「恋愛ごっこ」という言葉を使うと語解を招くかもしれませんが、そういう利用の仕方もいいと思います。

――同じキャストさんを指名し続ける方が多いんですか?

御坊 そういう方もいらっしゃいますし、いろんなキャストを指名される方もいます。お客さまが「この前、あのキャストさんを指名したよ」と言ってヤキモチを焼かそうとしたり、キャストもヤキモチを焼くフリをするとか(笑)。「今日で会うのは終わり!」って言いながら、次回の予約を取る方もいます。そういう恋愛の駆け引きごっこを楽しんでいるお客さまは昔から結構いますね。

――今後の目標を教えてください。

御坊 東京進出も視野に入れ、お店を大きくしたいです。また次の企画として、自費出版で、永田先生にカバーイラストをお願いした『初めてのレズ風俗』というご利用ガイドの制作も進めています。もっと、いろんなお客さまに来ていただけたらと思います。
(姫野ケイ)

御坊(おぼう)
1981年、大阪生まれ、大阪育ち。大学卒業後、WEB制作会社に就職するも、24歳で独立。当時取引先に多かった性風俗産業に魅力を感じ、2007年に共同経営者2名とともにレズ風俗「レズっ娘クラブ」を立ち上げる。09年以降は単独で経営。10年にはレズ鑑賞サービスも提供する姉妹店「ティアラ」をオープンさせる。同店の宣伝も兼ね、関西におけるトークイベントの殿堂たる「ロフトプラスワン WEST」「なんば紅鶴」などへの出演多数。珍スポット旅好きユニット「MOB」にも所属。本人はノンケ男子。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ