Mattが「不自然なメイク」をするワケとは?


3月6日放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)にモデルのMattがゲストで登場し、昨年、桑田真澄の次男として突如芸能界入りしてから現在の姿に至るまでの変化やこだわりのメイク方法について語った。

有田「ずっと不自然だなって思ってた」


自宅にて事前インタビューを行ったMattは、バスローブ姿で90種類以上のメイク道具を紹介しながら「いつも前日の夜に『こういう目の形にしたいな』とかネットで調べてその画像を見ながらアイメイクとかをやってます」とプライベートの様子を垣間見せた。

続けてこの日選んだという外国人男性の画像を見せると、モデルの目を再現するためアイライナーで目頭を描き足したり、下まつげを1本1本丁寧に描く。これを見た鈴木奈々は「まつげかいてるんだ!すごい!」とMattの女子力の高さに感動。

VTRからスタジオに切り替わると、MCのくりぃむしちゅー・有田哲平が「今日も何かテーマがあるの?」と質問。するとMattは「ラッキー・ブルー・スミスっていうモデルさんがいるんですけど、その人の目だけ(を90分かけてやってきた)」と明かし、メイクにハマったきっかけについて「コスプレを留学行った時に始めて、そこからメイクが本格的になってきて」と語った。

すると画面に映画『アリス・イン・ワンダーランド』のジョニー・デップ演じるマッドハッターに扮したMattの写真が紹介され、その完成度の高さに一同「すごい!」と驚きの声をあげる。するとMattは「ディズニーランドのパレードに出てる人たちって、かなり(フェイスを)塗ってますよね?そういう不自然さって夢を与えるし、だから僕がこの仕事してる分、そういう不自然さっていうか、なんか“人間じゃない感じ”を見せたいなと思って毎日やるようにしてます」と明かした。

これを聞いた有田が「じゃあ不自然をやってんだ。わざと」と尋ねると「そうです。わざと」とMatt。すると「不自然だなって思ってたんだけど今まで言わなかったんだ。言っていい?」と言う有田にMattは「全然いいです。はい」とおっとり返事していた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ