最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ドラえもん」初出演の柿原徹也『日本の色々なことを教えてくれた作品』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月9日(金)放送の「ドラえもん」(テレビ朝日系)では、劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の宝島」の公開を記念した特別企画『ほどほど宝島』を放送。同作に登場するイルカの“ホドホ”役として、人気声優・柿原徹也が「ドラえもん」初出演を果たす。

「ほどほど宝島」は、“ほどほど”に手軽な冒険を楽しむことができるひみつ道具“ほどほど宝島”を巡る中篇ストーリー。

道具を使って、“ほどほど冒険コース”に出発したドラえもんたちは、そこで案内役を務めるイルカの“ホドホ”に連れられて島を巡る。

ところが、ジャイアンが「もっとスリルのある旅がしたい」と言いだし、ハードな冒険を体験することになる。

柿原が演じるホドホは「ほどほどですから~」が口ぐせの、キュートなピンクのイルカ。前半、しずかに「かわいいっ!!」と褒められ、「ホドホちゃん」と呼ばれるほど、愛らしい案内役として登場する。

ところが後半、ジャイアンの要望で冒険のレベル設定を“ソフト”から“ハード”に変更した途端、渋い顔つきになり、「おまえらが無謀な冒険者たちか?」と、言葉遣いもワイルドに変化してしまう。

そんな役どころに、柿原は「最初にキャラクターを拝見した時にこんなにかわいらしいキャラクターを演じさせてもらえるのかとびっくりしました。

皆さんにはホドホのギャップを楽しんでもらいたく、極端に変化をつけて演じました」と、物語の途中でガラッと変わるホドホという役柄を鮮やかに演じたことを明かす。

18歳までほぼドイツで育ったという柿原は「僕はドイツという国で幼少期を過ごしたのですが、ドラえもんの世界観がそのまま日本を象徴していると子どもながらに感じていたので、日本のいろいろなことを教えてくれた作品です」と、『ドラえもん』という作品への思い入れを告白。最後に「すてきな冒険を一緒に楽しみましょう!」とアピールした。

また、データ放送連動ゲームコーナー「ドラガオじゃんけん」が初の実写版となり、サバンナ・高橋茂雄が登場。

ドラえもんが顔の表情でじゃんけんを挑むこのコーナーで、高橋がどんな表情を見せるのか注目だ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139847/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス