2.5次元俳優・佐藤流司「似てない!」の罵声を浴びていた

3月7日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)に、“2.5次元舞台”のプリンスとして注目を集める佐藤流司がゲスト出演。原作のキャラクターになりきるための苦労などを語る場面があった。

漫画やアニメ、ゲームなどの原作を3次元の俳優が演じる“2.5次元舞台”で「テニスの王子様」「NARUTO-ナルト-」などの舞台化作品に出演してきた佐藤。

ミュージカル版の「テニスの王子様」に出演した時の様子を「(原作の)ファンの方がスゴくアツくて」と振り返り、「初めて自分の写真が出た時に恐ろしいぐらい叩かれました」「(原作のキャラクターに)『似てない!』『死ね!』みたいな(笑)」と、バッシングを受けた体験を語った。

2.5次元舞台では、「自分のお芝居っていうよりもキャラクターに近づける」ことが重要だという佐藤は、SNSでもキャラクターのイメージを壊さないように気をつけているとか。

「NARUTO-ナルト-」のサスケを演じている時には、クールなイメージを守るために笑顔の写真は避けていたという佐藤。

指原が「じゃあSNSで『お疲れ様でしたー(笑顔)』ってのを上げちゃダメ?」と質問すると、佐藤は「絶対ダメ。また『死ね!』って言われます」と冗談交じりに答えていた。

SNS上では視聴者から「動いてる佐藤流司くんを初めて見たけどめっちゃイケメン」「俳優が演じる時点で原作とは別物」などのコメントが寄せられていた。

次回、3月14日(水)放送予定の「ナカイの窓」は「ダイエットに成功した人SP」と題して、ダレノガレ明美、HIRO(安田大サーカス)らがスタジオに集結する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139848/

あなたにおすすめ