最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

菅野美穂のママ友会に「幻滅」? 保田圭はモノを知らなすぎ? ママタレ批判活発化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集G 佐々木希に仲間由紀恵の妊娠報道、平愛梨や押切もえの出産……芸能界はおめでたが続いているね。数年前からママタレは飽和状態になってたけど、意外と叩かれ要員としてみんな生き残っているのよね。

しいちゃん 嫌われママの代表格といえば、神田うの。2月22日のInstagramに「ママ友親子ランチ会」という写真をアップ。その写真に菅野美穂が写っていたことが話題となっている。場所は、平日限定のランチコースで5940円~という高級店「とうふ屋うかい」。菅野のほかに、角田ともみという女優や伊東美咲がキメ顔で写っていて、いかにも“うの会”といった雰囲気。菅野は、夫の堺雅人とデートは電車移動、旅行はエコノミーという“素朴派”として知られていただけに、「幻滅した」「堺雅人のイメージにも影響する」といったガッカリする声や、「うのがいるだけで全員悪人に見える」という声も。

編集G 一体、何を話してるのか検討もつかない。実は、全員パチンコ仲間だったりして。

しいちゃん それが、かなり本気で仲がいいらしいのよね。菅野は年明けにも息子とハワイに1カ月以上滞在したんだけど、現地ではハワイ好きの伊東やハワイ在住の梨花を招いて友人のバースデーパーティーを主催したと報じられてる。一部報道では、菅野のセレブ化は2歳の息子の教育のためという話。生後8カ月のときには、英語を使った幼児教育用ジムに入れるなどかなり教育熱心で、現在も英才教育系の保育園に通わせているそうよ。2017年秋には有名私立大学付属小学校の説明会にも夫婦で出席したとか。ちなみに堺は、地元宮崎県内の公立小学校を卒業したあと、県内の国立中学校に進学。その後、県立進学高から早稲田大学第一文学部に入り中退という学歴。「そりゃ教育熱心なのも当然」「お金があるのだから、子どもに投資するのはいいこと」「お金があるんだし、付き合う人もそうなるよね」と肯定的な意見も多い。

編集G 子どもが生まれた途端、性格が変わったかのように教育熱心、何もかもが“子どものため”になっちゃう人は結構いるらしいね。ジャニーさんがオキニを見つけたときみたいなもんかしら。

しいちゃん 別の角度から叩かれているのは、元モーニング娘。の保田圭。2月27日に公式ブログで、「華原朋美ちゃんから戴いた出産祝い ティファニーのスプーン&フォーク オープンハートが可愛い~~」と写真付きで報告。「もったいなくていつ使っていいのか…わからない お食い初めの時は和の食器だけど…使えたりするかな 調べてみなきゃ」と書き、「物を知らなさすぎ」「残念な人」「いちいちウザい」と批判されてる。そればかりか「不妊治療経験しているくせに、現在不妊治療している人の気持ちを踏みにじった」という声も。保田は14年から不妊治療をしていて、17年7月に妊娠を発表。7月30日の公式ブログに、尿をかけた陽性の妊娠検査薬の写真をアップして「汚い」「無神経」と大炎上したことがあるの。

編集G 炎上ママタレ枠に収まると、抜け出すのは難しいわよ~。

しいちゃん でも、今回のスプーンの件は保田を擁護する声も多い。銀製のスプーンを出産祝いとしてプレゼントするのは、「銀のスプーンをくわえて産まれてきた子どもは幸せになる」という西洋の言い伝えに基づいたもの。日本でも出産祝いとして定着しつつあるけど、「知らない人もある程度いると思う」「『調べてみる』って言ってるからいいじゃん」などと言われている。

編集G モー娘。は、すっかり炎上ママタレ軍団に変わったね。

しいちゃん 同じく元モーニング娘。加護亜依は、3月6日に2年ぶりの舞台『デスペラードを知ってるか?』の公開稽古での囲み取材に応じてコメント。「最近お芝居やりたいなって気持ちになってきました」「歌も歌いたいですし、今一番やりたいのは司会です」と語り、目標とする司会者は「タモリさん。お昼の番組や夜の番組まで幅広くみんなに愛されているので」と大風呂敷を広げてる。5歳の娘と1歳の息子がいるんだけど、娘はアイドルに憧れているそうで、将来芸能界に入ることについては「全然賛成です」と語ってた。

編集G お芝居やりたい、歌いたい、司会やりたいって……5歳児のコメントだわ。でも、いろいろと不安定だった加護が、幸せそうにしているのは安心ね。ママタレを叩きすぎないで、見守る気持ちも忘れないようにしたいわ!

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス