手作りサンドウィッチでホッとする朝を、神戸っ子が愛する「カフェバール こうべっこ」

Walkerplus

2018/3/8 14:00

「カフェバール こうべっこ」は今年で丸41年。なじみのなかったバールと名付けたのは、イタリアでは住民の憩いの場でもあることを知ったため。黙々と仕上げる手作りサンドを求め、神戸っ子はもちろん、今や遠方からも憩いに来る名喫茶に。<※情報は関西ウォーカー(2018年3月6日発売号)より>

■ 厚焼き卵に合わせるのはやっぱり神戸のパン!

「サンドウィッチ たまご(ハーフ)と珈琲のモーニング」(500円 ※7:00~11:00)は、ハーフでもボリュームたっぷり。タルタルソースのような自家製マヨネーズも味の決め手。朝は珈琲(350円)など好きなドリンクを注文すれば、通常350円のハーフサンドが150円に。

「神戸はおいしいパンがたくさんありますが、ウチは『一の宮ベーカリー』ひと筋。細かすぎない適度なキメが、具によく合うんです」と、店主の古川 睦さん。

■カフェバール こうべっこ<住所:神戸市中央区加納町2-9-2 山浦77ビル1F 電話:078-222-1297 時間:7:00~17:00、モーニング7:00~11:00 休み:日曜 座席:22席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:各線三宮駅より徒歩15分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/139632/

あなたにおすすめ