人間に心を閉ざした、1匹の保護犬 2年後の『心を開いた瞬間』に涙

grape

2018/3/8 13:33

悲しいことですが、世界中にはつらい思いをしている動物たちが多数存在します。

飼い主に捨てられたり、親が先立ってしまったり…いろいろな理由で、1匹では生きていくことができなくなってしまうのです。

ある保護団体の元で暮らすシェバという名前の犬も、その1匹。

シェバは保護されたころから心を閉ざしており、人間に近付こうとしませんでした。

保護されてから2年が経過しても、まったく心を開かないシェバ…保護団体のスタッフは、シェバに毎日根気強く接していました。

そんなある日、ついに『その瞬間』は訪れたのです。

※広告が終了後、動画が再生されます。

恐るおそるスタッフの女性に近付き、手の上に乗ったエサを食べたシェバ。2年もの時を経て、シェバはようやく人間に心を開いたのです!

シェバの過去に何があったかは分かりませんが、きっと想像を絶するつらい過去があったのでしょう。

しかし、スタッフを通して人の優しさに触れ、こうして1歩前に進むことができました。

勇気を出して前に進むことができたシェバには、きっと素敵な家族ができることでしょう。今度こそ、幸せになってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ