市川海老蔵、勧玄くんの「将来の夢」が予想の斜め上すぎて衝撃受ける


 市川海老蔵(40)が5日、自身のブログを更新し、長男・勧玄くん(4)の将来の夢を聞き、愕然としたことを明かした。現在、特別公演『源氏物語 第二章』の公演中で多忙を極める海老蔵だが、勧玄くんの幼稚園で3月生まれの園児の誕生日会があるようで合間を縫って出席したそう。誕生日会では将来なりたい仕事を発表するのが通例になっており、22日に誕生日を迎える勧玄くんも発表したという。

海老蔵は「大きくなったら当然パパは歌舞伎役者というと思っていました」と期待を寄せ、「100%中765%位の割合で、しかも今日来ているし、歌舞伎役者という確率は850%位でした」と自信満々な様子をのぞかせたものの、なんと勧玄くんの口から出た将来の夢は「ケーキ屋さん」。これには海老蔵もショックだったようで、「愕然としました」とつづったものの、あまりにも意外な夢に「メチャクチャ笑っている私がいました笑笑」と明かしていた。

この投稿にファンからは、「私も当然歌舞伎役者だろうと思ってました…!」「めちゃくちゃ笑いました」「海老蔵さんは複雑な気分ですね」といった声が集まっている。

歌舞伎の演目である連獅子の練習をしたり、助六のお面をかぶっている姿が見られていただけに、ファンにとっても驚きの回答となっていた。

文・内村塩次郎

あなたにおすすめ