生まれ変わってもまた一緒になりたい! 夫が「妻と結婚して良かった」と思った瞬間5つ

ウレぴあ総研

2018/3/8 12:00

「生まれ変わってもまた一緒になりたい」そう思っている夫や妻はどのくらいいるでしょうか。

結婚して子どもができると子どもが優先になってしまい、どうしても夫の事は二の次になりがちですが、夫も子どもと同じくらい自分にとっては大事な存在。一緒にいるからには夫からいつまでも愛されたいと思うものです。

夫からいつまでも愛され、必要とされる妻とはいったいどんな妻なのでしょうか。

今回は、「妻と結婚して良かった」と思った瞬間について、既婚男性に聞いてみました。

■「生まれ変わってもまた一緒になりたい」と思っているのは夫より妻の方が多い?

自分は夫のことが大好きで、生まれ変わってもまた一緒になりたいと思っているのだけれど、夫はいったい自分のことをどう思っているのでしょうか。

結婚したら一度はそんなことを考えたことがあるかもしれませんが、気になるのはみんなはどうなのかということ。

そんな中、「生まれ変わっても今の妻・夫と結婚したい?」を聞いたアンケート結果が発表されました。その結果は以下の通りです。

■生まれ変わってもまた今の妻・夫と結婚したいと思いますか?

<夫>

  • 今の妻と結婚したい・・・55%
  • 今の妻とは結婚したくない・・・14%
  • どちらともいえない・・・31%
<妻>

  • 今の夫と結婚したい・・・66%
  • 今の夫とは結婚したくない・・・3%
  • どちらともいえない・・・16%
半数以上の夫や妻が「生まれ変わってもまた一緒になりたい」と思っていることが分かり、その結果に少し安心したママもいるでしょうが、注目したいのは「また今の相手と結婚したい」と思っているのが妻の方が多いということ。

今の夫と結婚したくないと回答している人もほとんどいなかったことから、妻は今の夫との生活に満足している傾向があります。

その一方、夫はというと、「今の相手と結婚したい」と回答している人が妻より若干少なく、「どちらともいえない」と回答している人が31%もいたことから、判断できずに迷っている人が少なからず存在していることが分かりました。

何となくしっくりこない結果となりましたが、自分の夫だけは「今の妻と結婚したい」と回答することを願うばかりですね。

■夫が今の妻と結婚して良かったと思う瞬間5つ

では気になるのが夫はどういう時に妻と結婚して良かったと思うのか、ということですが、既婚男性たちに良かったと思う瞬間について聞いてみました。

■疲れて帰ってきた時の「おかえり」

独身だと味わえないのが、家で自分の帰りを待っててくれている人がいるという喜びですが、仕事で疲れて帰ってきた時に妻が「おかえり」と言ってくれると、一瞬で疲れが吹き飛び、結婚して良かったと思う夫は多いようです。

いつも帰宅が遅く、妻は先に寝ていることが多い家庭もありますが、それでも「お疲れ様!おかえり」というメモがテーブルにあったりすると心が和むという男性もいました。

普段「おかえり」と何気なく掛けている言葉でも、言われると夫は嬉しいようです。

■栄養バランスを考えた弁当を作ってくれる

節約のためにと毎日夫に弁当を作っている妻もいるでしょうが、栄養バランスを考えて作られた愛妻弁当には、感謝の気持ちと共に、妻と結婚して良かったと思う夫は多いといいます。

会社で愛妻弁当を広げるのは少し恥ずかしいけれど、コンビニのおにぎりやパンにかじりついている同僚を見ると自分は幸せだな~と感じるようです。

■病気でつらい時の献身的な看病

病気で心も体も弱っている時は、そばにいて献身的な看病をしてくれる人に心惹かれるものです。

病気の時、妻が車で病院へ連れて行ってくれたり、氷枕やおかゆなどを準備して面倒をみてくれた時は「妻と結婚して良かった」と心から思えるようで、さらには妻をこれまで以上に好きになったという男性もいました。

家事や育児で忙しい中、心配して自分の面倒までみてくれる妻の姿は、夫を「自分にとって妻以上の女はいない」と思わせるようです。

■誰よりも自分のことを理解してくれている安心感

休日出勤や残業で、家を空けがちな自分に対し一切不満を言うことなく、子どもたちにも一切悪口を言わずにフォローしてくれる妻は自分にとっての一番の理解者。安心して仕事が出来る環境を作ってくれる妻には感謝しているという男性がいました。

仕事で嫌なことがあり落ち込んでいた時も、深くは聞いてこないけれど「大丈夫!なるようになるさ」とさりげなく元気づけてくれる妻の存在は何よりも大きく、自分のことを一番に理解してくれていると安心し、結婚して良かったと思うようです。

■何よりも子どもが可愛い

妻がいなかったら出会えなかった可愛い自分の子どもの顔を見ると、妻と結婚して良かったと思う男性は多数いました。自分が頑張れるのも子どものお陰であり、その子どもを産んでくれた妻には感謝の気持ちと共に、妻と結婚して良かったと思えるようです。

疲れて仕事から帰ってきた時、子どもの寝顔を見ると、その想いが強くなるという声もありました。やはり子どもの存在は結婚したことへの喜びを感じやすいのでしょうね。

結婚して時間が経つと、一緒にいるのが当たり前、やってくれて当たり前と、当たり前が増えてしまい、感謝や感動が薄れてきてしまいます。そのため「結婚して良かった」と感じなくもなりますが、こうして改めて聞いてみると、日々の生活の中にも妻への感謝の気持ちや結婚して良かったと思えることがたくさん出てきます。

夫にとって「生まれ変わってもまた一緒になりたい」と思える妻とは、夫のために尽くす妻であるということには違いありませんが、それ以上に、夫にとって一番の理解者であり、精神的な支えとなる妻であることが大きなポイントとなるようです。

いつまでも愛される妻になるためには、自分も夫を愛すること、それが先決ですね。夫婦がいつまでも幸せであるよう心よりお祈りいたしております。

あなたにおすすめ