2019年、iPhoneからノッチが消える…? 今年のノッチ小型化も報じられる

20180308-2019-iphone-notch-shrink-or-gone-01
Image: inroad/Shutterstock

なくなると、寂しいような…

iPhone X」を特徴づける、画面上部の「ノッチ」。以前にもこのノッチが小さくなるという噂は登場していましたが、韓国筋からはなんと2018年にノッチが縮小し、2019年には消滅するとの情報が伝えられています。

韓国ニュースサイトのET Newsによると、2018年に登場する新型iPhoneは有機ELモデルが5.85インチと6.46インチの2種類、液晶ディスプレイ搭載モデルの画面サイズが6.04インチ。そして3機種のすべてのノッチと左右ベゼルが縮小するらしいですよ。どれくらいの縮小なのかは報道されていませんが、これは楽しみですね。

そして2019年のiPhoneでは、完全なフルスクリーンディスプレイが搭載されることでノッチがなくなるとのこと。しかしそれでも顔認証機能「Face ID」は搭載されるらしいので、フロントカメラやセンサー類がどこに移動するのか…が気になります。業界筋は「有機ELディスプレイに穴を開けたり、ブラックマトリクス(画素と画素の間を仕切る黒い線)の領域が利用されるだろう」と予想しています。

なお、2019年のiPhoneは有機ELを採用するらしいですが、画面サイズや解像度についての情報は判明していません。ノッチがなくなるという大刷新があるのなら、そのサイズに変化があってもおかしくないと思うのですが…。

なお、今年に入ってからいくつかノッチを搭載したAndroidスマートフォンが登場しています。2019年になったら今度はiPhoneにならってノッチを捨てるのかい…なんて、意地悪ですが気になってしまいます。
Image: Shutterstock
Source: ET News via MacRumors

(塚本直樹)

あなたにおすすめ