最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『アイ、トーニャ』母親役のアリソン・ジャネイ「これまでで最も残酷な役だった」<動画あり>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本公開を5月に控えた話題作『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』で、主人公トーニャの母親役を演じたアリソン・ジャネイ。今回の役柄は「これまで演じた中で最も残酷なキャラクターだった」と明かし、ますます同作への注目を集めている。

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、フィギュアスケート史上最大のスキャンダルと呼ばれる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の渦中にいた天才スケーター、トーニャ・ハーディングの波瀾万丈な半生を描いた話題作だ。

同作でトーニャの母親ラヴォナ・ハーディングを演じた女優アリソン・ジャネイは、その素晴らしい演技力が評価され第75回ゴールデングローブ賞、第90回アカデミー賞の両賞で助演女優賞を獲得した。

このほど同作のブルーレイ/DVDが米国で発売されるにあたり、制作秘話などの貴重な映像の一部が公開された。その中でアリソンは「ラヴォナ・ハーディングという役柄は、これまで演じたどの役よりも残酷なキャラクターでした」と語っている。

ダイナーでウェイトレスをしながら必死で娘のレッスン費や衣装代をやりくりするラヴォナが、日常的に繰り返す娘トーニャへの暴言・暴力。その鬼畜ぶりは、思わず目を背けたくなるほどだ。この役を獲得したアリソンですら「監督は、なぜこの役に私を起用したのかしら?」と自問したという。

そのうえで、「トーニャのフィギュアスケートの才能に、自身の貧困からの脱出チャンスを賭けていたのでしょうね」とラヴォナの毒親ぶりの理由を代弁したアリソン。劇中は終始無表情で冷酷、誰に対しても敵対心を丸出しにし放送禁止用語を連発するラヴォナだが、彼女の存在こそが本作をより深みのある作品にしていると言っても過言ではない。

アリソンはアカデミー賞助演女優賞へのノミネートが決定した際、トーニャ・ハーディング本人から祝福のメッセージが届いたことを『PEOPLE.com』で明かしている。これまでも数々のTVドラマをはじめ、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『アメリカン・ビューティー』『JUNO/ジュノ』『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』などに出演したアリソンだが、今年58歳にしてオスカー受賞という初快挙を成し遂げた。



(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス