渡部秀と乃木坂46・生駒里奈の「ONE PIECE」愛さく裂!「声優で参加したい」

「東京ワンピースタワー」が開催され、「ONE PIECE」好きで知られる渡部秀と乃木坂46・生駒里奈がゲストで登場した。

今回、「東京ワンピースタワー」では3周年を記念して来場者だけがもらえる「ONE PIECE」特別コミックス「巻三三三」を制作。読者第一号として読んだという生駒は、「『ONE PIECE』の内容がぎっしり詰まっていて、楽しませていただきました。お薦めは尾田栄一郎さんとGReeeeNさんの対談ページ。いろんな裏話が10ページ書いてあって、ファンにはたまらないページだと思います」とコメント。

一方、渡部は「LIVE ATTRACTION“3”『PHANTOM』の台本です。尾田栄一郎先生が修正を加えたラフとか直筆スケッチとか読んでいて楽しいです」と明かした。

また、4月21日(土)には特別企画展「ログギャラリー」が新シーズンに突入する。これにちなみ、2人に新しく挑戦したいことを尋ねると、「役者として舞台などいろいろやらせていただいているのですが、まだ声優をやったことがないんです。いつか『ONE PIECE』のゲスト声優に挑戦してみたいです。おこがましいのですが、尾田先生に届けばいいなと思います!」(渡部)、「今まで時間がなくて親孝行ができなかったので、大人になったし親孝行したいです。渡部さんは地元(秋田)の先輩なので、願いがかなってほしいですね」(生駒)と笑顔に。

最後に、渡部は「『東京ワンピースタワー』の企画に携わらせていただいてもう3年もたつんだなと、すごく感慨深いものがあります。さらに『ONE PIECE』の面白さを世の中に広めていきたいです。小さい頃に尾田先生に大冒険に連れ出していただいたという思いが、こうして感謝の形になって届けられていることですがうれしいです」とメッセージを送った。

続いて生駒は、「『週刊少年ジャンプ』が大好きで、中学生の時にリアルタイムで読んでいて、『こんなに面白いものがあるんだ!』と思いました。今こうしてお仕事をさせていただいて、またすごさを実感しています。ここに来れば、『ONE PIECE』の面白さの全てが分かるのではないかと思います。ぜひ、たくさんの人に来ていただきたいです」とアピール。

会見後、フォトセッションのためにルフィら「ONE PIECE」キャラクターがステージ上に登場すると、間近でキャラクターを見た生駒はテンションが上がって思わず赤面する場面も! 乃木坂46卒業について話が及ぶと、「大人になりたいと思って。1人でも常識のある人間になりたいと思ったのが一番の理由です。やり残したことはないです。十分やらせていただいたので。最後はいい物を作って終わりたいです!」と意気込んだ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139771/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ