『オーファン・ブラック』クリエイター、TV版『スノーピアサー』ショーランナーに決定

海外ドラマNAVI

2018/3/8 10:00

『オクジャ/okja 』で知られるポン・ジュノ監督が手がけ、クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』)、ジョン・ハート(『魔術師マーリン』)、エド・ハリス(『ウエストワールド』)らが出演したSF映画『スノーピアサー』。米TNTがそのTVシリーズ版を製作発注したことは、以前お伝えしたが、同作のショーランナーを、SFサスペンス・ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(以下『オーファン・ブラック』)のクリエイターであるグレーム・マンソンが務めることが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】【お先見!海外ドラマ日記】自分がクローンのひとりだったら? 絵空事ではすまされない現代サスペンス『オーファン・ブラック』

実は、今回のマンソン就任前には、『アバター4』や『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』を手掛けたジョシュ・フリードマンがショーランナーだったが、クリエイティブ上の意見の相違により、同役を降りていた。フリードマンは、『スノーピアサー』のテレビ版を企画し、パイロット版でシリーズ製作の発注までこぎつけた張本人だったが、TNTの思惑に沿うようなショーランナーの方が望ましいということで、「失脚させられた」と本人は語っている。

今回の決定を受け、TNTオリジナル番組部門代表のサラ・オーブリーは、「『オーファン・ブラック』での素晴らしい活躍と、SFジャンル広範囲に渡るバックグラウンドを持つマンソンは、『スノーピアサー』のショーランナーとして最適な人選だと思います。彼は、凍りついた未来の世界に命を吹き込むと共に、同作の考えさせられる難しいテーマを先導していく最高のクリエイターです」と、同作のストーリーを踏まえてコメントしている。

『スノーピアサー』TV版は、映画と同じく寒冷化によって人類の大半が死滅してから7年後の未来を舞台にした作品。生存者を乗せて世界を走り続ける巨大列車の中で、激しい階級闘争と不平等な社会、そして生き残りをかけた政争が展開される。『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたジェニファー・コネリーと、ブロードウェイミュージカル『Hamilton』でトニー賞ミュージカル助演男優賞を受賞したダヴィード・ディグスが主演を務める。その他の出演者に、アリソン・ライト(『ジ・アメリカンズ』)がいる。

同作の放送開始日は現時点では未定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』
(c)2013 Orphan Black Productions Ltd. Distributed under licence by BBC Worldwide Ltd. BBC and the BBC logos are trademarks of the British Broadcasting Corporation and are used under licence. BBC logo (C) BBC 1996.

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ