「子供だと思っていたのに…」 成長して色気づくと悲しくなる大人たち

しらべぇ

2018/3/8 09:00


(paulaphoto/iStock/Thinkstock)

子供だと思っていた子が、久しぶりに会ったら大人びた感じに…。小さい頃から知っている身からすると、少し寂しさを感じてしまう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,357名に「子供の成長について」の調査を実施。

「子供と思っていた子が色気づきだすと、悲しい気分になる」と思っている人は全体で22.6%と、割合としては比較的少ない結果であった。

■進学で都会に出て一気に変化


性年代別でみると、すべての年代で男性よりも女性のほうが多い割合なのが印象的だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

女性は、小さな変化にも気づくことが多いのだろう。

「素朴な感じの女の子が、進学で東京に行ってから一気に大人の見た目に。メイクやファッションなどのおしゃれも覚えて、すっかり都会に染まってしまって…。

仕方ないことなんだろうけど、小さな頃から知っている人間からすると寂しい」(30代・女性)

■アイドルファンの男性は色気づくのを認めない


男性は比較的に少ない割合であるが、自分の子供になると話は違うようだ。

「自分の娘が色気づき始めたら『好きな人でもできたのかな?』と、とても心配になると思う。まだ5歳なのに、そんなことを考えると胸騒ぎがしてくる。

実際にその日が訪れたら、どうなることやら…」(30代・男性)

またアイドルファンの男性は、清純派の女性が好きな人が多い。

「アイドルファンは、清純さを求めている人が多い。だから、10代前半の子とかを推してしまうんだと思う。ただ…この子たちも成長してくると、化粧が濃くなり髪も染める。

そうなると、『このビッチ!』とアンチ化してしまう人が出てくるから大変」(30代・男性)

■色気づくのが青春


青春時代は、誰でも少し背伸びをしたくなる時期がある。自分の思い出と重ね合わせ、次のように語る人も。

「私も中学のときから化粧をし始めて、下手くそなメザイクでまぶたを引きつらせていた。そんな過程は誰でもあるから、むしろ健全なことだと受け入れないと。

だんだんと自分に合うメイクもわかってきて、落ち着いてくるだろうし」(20代・女性)

子供たちは、いつか成長をする。その過程を温かく見守るのが、大人の役目なのかも。

・合わせて読みたい→ハタチでも通用する? 安達祐実(36)の「ロリエロ体育座り」がかわいすぎる

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ