最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ジュネーブモーターショー2018】18kgのダイエットを果たした1500psのブガッティ「シロン・スポーツ」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブガッティ・シロンは、2016年のジュネーブモーターショーで初公開され、1500ps・3億5000万円というスペック、価格などが話題を集めました。そして2年後となる今回の同ショーにおいて、新たなスポーツバージョン「シロン・スポーツ」が発表されました。

1500psの最高出力などパフォーマンスは変わらずハンドリングと俊敏性を大幅に向上させた「シロン・スポーツ」は、18kgの軽量化によりシロンを上回るコーナリングスピードを実現したとしています。イタリア南部にあるナルド・ハンドリング・サーキットでは、 シロンよりも5秒速いラップタイムを記録。

軽量化ポイントは、 新しい軽量ホイールとカーボンファイバーの多用化で、 スタビライザーやインタークーラー・カバー、新開発されたウィンドスクリーン・ワイパーもカーボンファイバー製になっています。さらに、軽量ガラスによるリヤ・ウィンドーや軽くなった新しいエキゾースト・ディフレクターも装着。

さらに、カーボンファイバーを素材とするウィンドスクリーン・ワイパーが採用されています。ジョイントが不要になり、ジョイントの機能自体がカーボンファイバー構造に一体化。アルミニウム製ワイパーアーム・チップの製作には、 3Dプリンターを使用したプロセスが採用されたそうで、軽量化に貢献。なお、新しいカーボンファイバー・ワイパーは、従来のワイパーよりも1.4kg軽量化されたそうです。 また、カーボンファイバーという新素材によって、 ワイパーアーム形状も変わり、空力特性が向上しています。

なお、今回披露されたスポーツバージョンと標準仕様の外観上の相違点は、 ホイールのデザインと4本出しの新しいエキゾースト・ディフレクターになっています。

装備では、新開発の「ダイナミック・ハンドリング・パッケージ」を搭載。 「シロン・スポーツ」向けにより硬いサスペンション設定となっていて、ダンパーの制御が変更され、平均でシロンよりも10%程度硬いレスポンスになっているそう。

さらに、新しいセットアップとして「ハンドリング・モード」に設定された時だけ機能するため、ドライバーはEBモードとの違いを明確に感じることが可能とのこと。

シロン・スポーツの本体価格は、 約265万ユーロ(約3億5000万円弱)となり、 輸送費、 関税、 税および手数料を含む米国市場における本体価格は、326万米ドルに設定。「シロン・スポーツ」は、カラー、トリム・パッケージ、オプションにより、スポーティな外観をカスタムメイドすることも可能で、納車は 2018年末から開始される予定とされています。

(塚田勝弘)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス