最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

バツイチ男性に絶対言ってはいけないセリフとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諸説ありますが、3組に1組は離婚するともいわれているこの時代。

「身近な彼がバツイチ経験者だった」なんてことも少なくないでしょう。

ナイーブな問題だからこそ、あえてツッコまないほうが良い場合もあります。

そこで今回は「バツイチ男性に言ってはいけないセリフ」について、ご紹介します。

バツイチ男性に言ってはいけない

■ 1、「それは○○さんが悪いですね!」

・「『何で奥さんと別れたんですか?』と聞かれたので、『俺も仕事が忙しくて、お互いすれ違っちゃったんだよね』と答えたんです。

そしたら『それは○○さんが女心わかってないですよ~!』と説教が始まった。もう十分反省しているから、それ以上傷をえぐらないで欲しかったです」(36歳/営業)

終わったこととはいえ、ふたりの間にどんなことがあったのかは当人同士しかわからないもの。

彼も元奥さんの愚痴っぽくならないように、あえて自分が悪者になっているのかもしれません。

それなのに軽々しく「それは○○さんが悪いですね!」なんて言ってしまうと、彼を傷付けてしまうかも……。

そもそも興味本位で別れた理由を聞くのはNGですが、あえて余計な一言はつけるべきではありません。

「大変だったんですね」と言って、サクッと終わらせるようにしましょう。

■ 2、「意外ですね!」

・「新入社員の子に『○○さんって結婚しているんですか?』と聞かれたので、素直に『独身だけど、バツイチなんだ』と答えた。そしたら間が空いたあと、『へぇ……。何か意外ですね!』と返されました」(42歳/銀行)

どうとでも取れる「意外ですね!」というワードですが、裏を返せば「それってどういう意味?」と彼を困惑させてしまう恐れが。

「誠実じゃないって言いたいのかな?」「軽蔑した?」と不安になってしまう男性もいるでしょう。こちらも彼のバツイチがわかったときは、「そうだったんですね」の一言に留めるべきでしょう。

■ 3、「離婚くらいよくある話ですもんね!」

・「元気づけるつもりだったのかもしれないけれど、『離婚くらいどうってことないですよ!』と言われたときはイラっとした。こっちは親権も取られているし、人生を左右する大きな問題なんですよ」(35歳/製造)

先ほども述べたように、3組に1組は離婚するといわれています。そのため離婚自体が珍しいものではなくなってきていますよね。

とはいえ「離婚くらい全然問題ないですよ!」とあからさまにフォローするのは良くないかも。

離婚理由によっては「俺の何がわかるんだよ!」「離婚がどれだけ大変かわかっているの?」と彼を怒らせてしまうでしょう。

■ おわりに

デリカシーのない発言は、バツイチ男性を傷付けてしまいます。

お付き合いをしている間柄ではない場合は、あまり立ち入ったことは聞かないほうが良さそうですね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス