壮大すぎる宇宙で"迷子"!?『ロスト・イン・スペース』キービジュアル&新予告が解禁

海外ドラマNAVI

2018/3/8 08:00

世界中に愛された名作SFアドベンチャー『宇宙家族ロビンソン』を壮大なスケールで新たに映像化したNetflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』。4月13日(金)より全世界同時オンラインストリーミング開始となる本作のキービジュアルと新予告編が解禁となった。

【関連動画】Netflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』予告編はこちら

『ロスト・イン・スペース』の舞台は、宇宙への入植が現実のものとなった30年後の未来。より良い宇宙での新しい生活を求めて旅立つロビンソン一家のアドベンチャーを描く。新天地を求めて旅立つ途中、宇宙船が突然軌道から外れる事態が発生し、一家は目的地からはるか遠く離れた見知らぬ危険な宇宙でサバイバルしなければならなくなってしまう。果たして一家は力を合わせて生き抜くことができるのだろうか...。

今回解禁された作品のキービジュアルでは、謎のロボットと向き合うロビンソン一家の最年少の弟ウィルの姿が。ロボットに追いつめられているようでもあり、まるで映画『E.T.』で人間のエリオットと地球外生命体E.T.が心を通わせたような姿にも見える。

また、併せて解禁された新予告編の冒頭でも、ウィルとロボットの出会いが描かれ、ウィルは「友達なんだ」と家族にロボットを紹介しているが、父ジョンは「一体何者だ?」とその素性を疑っているよう。謎のロボットは敵なのか、あるいはロビンソン一家の救世主となるのか? また映像には、不時着した惑星の荘厳で美しい景色も描かれており、まるで本当に別な惑星に飛び込んでしまったようなスケールの大きさを感じさせる。この一見、美しく見える大地も、襲ってくる未知の生物がいたり、氷のクレバスがあったりと一家は常に危険に直面している。さらに「家族を救いたいなら、私を手伝うのよ」と母モーリーンに迫る謎の女性の正体は?

ロビンソン一家の父ジョンをトビー・スティーヴンス(『Black Sails/ブラック・セイルズ』)、母モーリーンをモリー・パーカー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)、長女ジュディをテイラー・ラッセル(『フォーリング スカイズ』)、次女ペニーをミーナ・サンドウォール(『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』)、そして不安げな表情が印象的な最年少の弟ウィルをマックス・ジェンキンス(『センス8』)が演じている。

壮大な宇宙で文字通り"迷子"になってしまったロビンソン一家は無事に生き延びることが出来るのか? 益々期待が高まるNetflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』は4月13日(金)より全世界同時オンラインストリーミング。(海外ドラマNAVI)

Photo:Netflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』

あなたにおすすめ