最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

パリの名店が広尾に! スイーツ通が歓喜するケーキ「ミルフォイユ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スイーツライター・chicoさんの「お菓子な宝物」。今回は『ARNAUD LARHER (アルノー・ラエール)広尾本店』のミルフォイユ キャラメル、カラカス、フロマージュ アグリュームです。


『アルノー・ラエール』の路面店が日本に! このニュースにお菓子好きたちは色めき立った。これまで日本では限られた期間にチョコレートなどしか買えず、パリの店に通う日本人も少なくなかったのだ。これほどファンを惹きつけるのは唯一無二の美味しさゆえ。定番のエクレアやミルフィーユでさえひと味違う。「ミルフォイユ キャラメル」なら2種のキャラメルクリームとキャラメルシャンティを重ね、果てしなく味わい深い。ザクザクのパイは発酵バターのミルキーさと焼きの香ばしさに溢れている。「少し焼き加減が違えばこうならない。丁寧な仕事を繰り返して特別なものになるのです」とアルノーさん。

「カラカス」もそう。シャンティ、ガナッシュ、プラリネとショコラ尽くしだが、パーツごとにクーベルチュールを細やかにブレンドして使い分け、ショコラの奥行きをどっぷり楽しませる。濃密ながら、プラリネやサブレの軽快な食感や心地よい塩気で、不思議なほどするする食べ進んでしまう。

「私にとっては建築の感覚。全てを口にした時の食感と味、香りのハーモニーを見つけるのが仕事。だから毎日新作のアイデアは浮かぶけど、完成まで半年~1年かかるんです」。ひたむきな匠の味にこれからは広尾で会えるとは、なんという幸せ!
ARNAUD LARHER(アルノー・ラエール) 広尾本店 東京都渋谷区広尾5-19-9 TEL:03・6455・7868 10:00~19:00 ※売り切れ次第終了 不定休(4月以降は要問い合わせ)

生菓子はパリとほぼ同じラインナップ。右から、ミルフォイユ キャラメル¥650、フロマージュ アグリューム¥630、カラカス¥690(すべて税込み)。「フロマージュ~」はムースとベイクド、2種のチーズケーキにきゅんと甘酸っぱいパッションフルーツと柑橘を重ねて、清々しく。

チコ スイーツライター。大人気のガイド本『東京の本当においしいスイーツ探し』(ギャップ・ジャパン)シリーズ監修。

※『anan』2018年3月14日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 取材、文・chico

(by anan編集部)


外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス