ゆず、星野 源、ONE OK ROCK、米津玄師&菅田将暉らのコメントに会場熱狂! スペシャ「MUSIC AWARDS」を総力リポート

CS放送のスペースシャワーTVが、3月1日(木)にパシフィコ横浜 国立大ホールで「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018」の表彰式を行い、その模様を同チャンネルで10(土)後8:00に放送する。

この表彰式は、2015年のスタート以来、今年で3回目の開催となる。スペースシャワーTVの視点で1年間の音楽シーンを総括し、さまざまな音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込めて表彰するというもの。ライブアクトはもちろん、毎回豪華なゲストプレゼンターが出演することも話題だ。

この日、関東では春一番が吹き荒れ、スタート間近のメインゲートが封鎖されるなど、荒天の中、会場には多くの人が詰めかけ、受賞アーティストのパフォーマンスやさまざまなプレゼンターらによるトークで大いに盛り上がった。

授賞式は、「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」を受賞したDAOKOのライブからスタート。DAOKOが米津玄師とのコラボで生まれた軽快なヒット曲「打ち上げ花火」をパフォーマンスし、「SONG OF THE YEAR」も受賞した。

会場内にライブの余韻が残る中、司会のユースケ・サンタマリア、いとうせいこう、きゃりーぱみゅぱみゅが登場。3人は会場の空気を温めつつ全27部門の各賞を発表していく。

その後、Suchmos、水曜日のカンパネラ、平井堅ら各部門の受賞者が続々とライブを披露。昨年デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシは「BEST RESPECT ARTIST」を受賞し、「悲しみの果て」と「ガストロンジャー」の2曲を歌い上げ、貫録のステージを繰り広げた。

さらに現在ワールド・ツアー中で会場に駆けつけられなかったONE OK ROCKはW受賞。彼らから、台湾で2万人を動員した最新ライブ映像を取り入れたスペシャル映像が届けられた。

昨年の音楽シーンを席巻した米津玄師は、「BEST MALE ARTIST」を受賞したほか、「BEST COLLABORATION」も受賞し、菅田将暉との貴重なツーショットのコメント映像も公開された。

「BEST MUSIC FILM」では、映画『WE ARE X』が受賞したことを受け、海外滞在中のYOSHIKI(X JAPAN)からもコメントが寄せられたほか、エド・シーラン、小沢健二、山口一郎(サカナクション)、Corneliusなど錚々たる受賞者から喜びの声が届き、会場は終始、感動とサプライズに満ちたものとなった。

そして、最後には、ゆずの2人が登場。2017年を代表する栄えある最優秀アーティスト賞「ARTIST OF THE YEAR」と、「BEST POP ARTIST」を受賞した。昨年デビュー20周年を迎え、オールタイムベストアルバムを発表。初のドームツアーでは30万人を動員するなど、1年を通じて活躍した。5,000人の来場者を前に「タッタ」「夏色」の2曲を披露し、一体となったステージで3時間にわたる授賞式を締めくくった。

授賞式の模様は、スペースシャワーTVでの生放送に加え、イベント公式HPによるストリーミングとLINE LVEで生配信した。会場はもちろん、テレビやインターネット上での数多くの視聴者と共に、2017年の音楽シーンを振り返りつつ、音楽の素晴らしさを感じられる1日になった。

■各部門賞受賞結果

◆ARTIST OF THE YEAR

年間で最も優れたアーティストに授与される賞。

ゆず

◆PEOPLE’S CHOICE

一般投票によって決定し授与される優秀アーティスト賞。

星野 源

◆VIDEO OF THE YEAR

年間で最も優れたミュージックビデオに授与される賞。

『ノンフィクション』平井堅/監督:田辺秀伸

◆ALBUM OF THE YEAR

年間で最も優れたアルバムに授与される賞

『The Gift』 Hi-STANDARD

◆SONG OF THE YEAR

年間で最も優れた楽曲に授与される賞。

『打上花火』 DAOKO × 米津玄師

◆BEST BREAKTHROUGH ARTIST

最も活躍した新人アーティストに授与される賞。

DAOKO

◆BEST MALE ARTIST

最も活躍した男性アーティストに授与される賞。

米津玄師

◆BEST FEMALE ARTIST

最も活躍した女性アーティストに授与される賞。

安室奈美恵

◆BEST GROUP ARTIST

最も活躍したグループアーティストに授与される賞。

ONE OK ROCK

◆BEST POP ARTIST

ポップシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

ゆず

◆BEST ROCK ARTIST

ロックシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

Suchmos

◆BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST

パンク/ラウドロックシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

Hi-STANDARD

◆BEST ALTERNATIVE ARTIST

オルタナティヴシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

Cornelius

◆BEST GROOVE ARTIST

ダンスミュージックシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

水曜日のカンパネラ

◆BEST HIP HOP ARTIST

ヒップホップシーンで最も活躍したアーティストに授与される賞。

PUNPEE

◆BEST INTERNATIONAL ARTIST

最も活躍した海外アーティストに授与される賞。

Ed Sheeran

◆BEST COLLABORATION

最も優れたコラボレーションに授与される賞。

『灰色と青( +菅田将暉 )』 米津玄師

◆BEST RESPECT ARTIST

アーティスト 音楽シーンに貢献し、多大な影響を与え続けているアーティストに授与される賞。

エレファントカシマシ

◆BEST NEW VISION

最も革新的な活動をしたアーティストに授与される賞。

Suchmos

◆BEST ACTIVE OVERSEAS

海外で最も活躍したアーティストに授与される賞。

ONE OK ROCK

◆BEST LIVE PRODUCTION

ライブの企画・演出が最も優れたアーティストに授与される賞。

TEAM SAKANACTION

◆BEST CREATIVE ARTIST

最も創造性が溢れる活動をしたアーティストに授与される賞。

小沢健二

◆BEST MUSIC FILM

最も優れた音楽映画に授与される賞。

『WE ARE X』 出演:X JAPAN/監督:スティーヴン・キジャック

◆BEST CONCEPTUAL VIDEO

最もコンセプトが優れたミュージックビデオに授与される賞。

『ヤバみ』ヤバイTシャツ屋さん/監督:寿司くん

◆BEST ART DIRECTION VIDEO

最もアートワークが優れたミュージックビデオに授与される賞。

『Family Song』 星野 源/監督:関和亮

◆BEST VIDEO DIRECTOR

最も優れたミュージックビデオ・ディレクターに授与される賞。

山田健人

◆BEST ACHIEVEMENT ARTIST

輝かしい功績を築き、創造的な貢献をしたアーティストに授与される賞。

桑田佳祐(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139749/

あなたにおすすめ