【京都】春のおすすめデートスポット22選!カップルでお出かけしたい場所まとめ

じゃらんnews

2019/1/11 16:32


harudate

暖かい日差しの中、のんびりした時間が過ごせる春のデートは二人の距離をグッと縮めるチャンス!定番の清水寺に、天龍寺の桜や自然が織りなす絶景「天橋立」など、京都のおすすめデートスポットを先取りでご紹介!二人だけの最高の思い出づくりを計画しよう♪

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
清水寺
清水寺出典:じゃらん 観光ガイド 清水寺
西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔がある。桜,紅葉の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/
いつもはお昼のめちゃくちゃ混み合っている時にしか行ったことがなかったのですが、今回は夜の特別拝観に行きました。
昼と違い人が少なく落ち着いてみることができました。
また、昼夜問わず清水の舞台からの眺めはとてもいいのでおススメです!
(行った時期:2018年3月)

さすがパワースポット!意外と高低差が気にならず、たくさんパワーを頂きました。春の舞台は、色とりどりの桜で最高の眺めでした。
(行った時期:2018年3月)
清水寺
住所/京都府京都市東山区清水一丁目294
「清水寺」の詳細はこちら
天橋立
天橋立出典:じゃらん 観光ガイド 天橋立
展望所から股のぞきで眺めると天へかかる橋のように見え、絶景。日本三景の一つ。イナザギの命がイナザミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋。約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持つ。天橋立の中には船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策できる。

\口コミ ピックアップ/
初めて訪れました。展望台までボートとケーブルで行き気持ち良かったです。股のぞきもしてみたり楽しい思い出ができました。
(行った時期:2018年4月)

いつもは上から眺めるばかりでしたが、今回はゆっくり歩いてまわりました。景色は素晴らしいし、途中で恋愛の神様のいらっしゃる神社もありました。帰りは慣れない自転車をレンタルしましたが、これがめっちゃ気持ち良く楽しい!ぜひともレンタサイクルで回ることをオススメします。
(行った時期:2018年3月)
天橋立
住所/京都府宮津市天橋立
「天橋立」の詳細はこちら
南禅寺
南禅寺出典:じゃらん 観光ガイド 南禅寺
\口コミ ピックアップ/
正門をくぐり、しばらく進み、右手側に水路閣はありました。
かなり大きい橋のようです。京都を舞台にしたドラマなどにもよく出てくるので是非見たいと訪れました。
琵琶湖から水を引いたとの事、煉瓦づくりで、当時の考え方と技術のすばらしさに驚きました。
帰り道にある土産物店も品数が多く、いろいろ迷うくらいでした。
(行った時期:2018年4月10日)

冬場の早朝は寒さも厳しく風の冷たさも感じますが、3月に入ってすこし、寒さも和らいでいました。早朝なら、参拝客も少なく、ゆっくりお参りできたり、写真撮影にも他に人が映り込むことがあまりなく、いいとおもいます!
(行った時期:2018年3月)
南禅寺
住所/京都府京都市左京区南禅寺福地町
「南禅寺」の詳細はこちら
平安神宮
平安神宮出典:じゃらん 観光ガイド 平安神宮
1895年、平安遷都1100年を記念して創建された神社。24mの高さがあり、国の登録有形文化財になっている大鳥居が神宮道をまたぐ。鮮やかな朱色と緑に塗りわけられた社殿は、朝堂院を模している。広大な庭園には珍しい鳥類や、甲羅に草を生やすミノガメ、本州では珍しい南石亀などが生息する。

\口コミ ピックアップ/
建物の雄大さ、朱色の鮮やかに感動です。
庭もとても手入れがされており、沢山の木や花があり、楽しむことが出来ました、是非拝見してくださいね!
とても綺麗で、心が安らぎます。
(行った時期:2018年4月)

桜が満開の一番いい時期に京都を訪れることが出来ました。
社殿の赤、屋根の緑、桜のピンク、境内の砂の白。
色合いが素晴らしいです。
(行った時期:2018年3月31日)
平安神宮
住所/京都府京都市左京区岡崎西天王町97
「平安神宮」の詳細はこちら
渡月橋
渡月橋出典:じゃらん 観光ガイド 渡月橋
嵐山というとまず頭に浮かぶのが渡月橋の風景である。平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになった。橋の長さは155mある。2001年3月に橋はリニューアルされ綺麗になった。また南にある嵐山は春の桜、秋の紅葉など景色が見事だ。

嵐山に来たらハズせない綺麗になった看板風景

\口コミ ピックアップ/
橋の上はかなり混雑しています。ですが風情があり、周りの山々とのコントラストが良いです。桜の季節だったのでそれも相まって綺麗でした。
(行った時期:2018年4月1日)

渡月橋からの眺めがよかったです!日中は暑かったのですが、夕方以降は風も強くて寒かったので何か羽織るものなど防寒対策が必要かも・・・帽子などは飛ばされないように気をつけましょう。桜なども咲いていて夜はライトアップされててきれいでした!
(行った時期:2018年3月)
渡月橋
住所/京都府京都市右京区
「渡月橋」の詳細はこちら
八坂神社
八坂神社出典:じゃらん 観光ガイド 八坂神社
厄除け・縁結びの神、祇園さんの呼び名で親しまれている。日本三大祭のひとつ祇園祭は京都の代表的行事である。師走の風物詩「をけら詣り」も有名。全国の祇園社の総本社。

\口コミ ピックアップ/
いつ行っても人は多いのですが、人が多いの承知で季節の行事の時に行くのをオススメします。伝統行事を見ることができたり出店が出ていたりととても楽しめます。
(行った時期:2018年3月)

何度か訪れたことがありますが、桜の時期やお正月は特に人が多いです。垂れ桜が有名で花見の時は屋台もたくさんでていました。外国の方も多いです。着物の方もたくさん。河原町からも歩いていけますし京都にきたら一度は訪れたい場所です。
(行った時期:2018年3月)
八坂神社
住所/京都府京都市東山区祇園町北側625
「八坂神社」の詳細はこちら
下鴨神社(賀茂御祖神社)
下鴨神社(賀茂御祖神社)出典:じゃらん 観光ガイド 下鴨神社(賀茂御祖神社)
当社の神域・史跡「糺の森」には国宝・重文の社殿55棟がある。延命長寿、縁結び、安産など多彩なご利益があるとされる。

\口コミ ピックアップ/
媛守と彦守目当てでいきました!
夢中でお守り選びに没頭してしまうほど
種類があってどれも可愛い!
旦那と自分の分と1個ずつ
可愛いお守りを買えて満足です♪
(行った時期:2018年5月)

恋愛成就の神社で若い男女が多いですね
さざれ石がこの場所に有る事は初めて知りました
擬雪は白くて綺麗
(行った時期:2018年3月19日)
下鴨神社(賀茂御祖神社)
住所/京都府京都市左京区下鴨泉川町59
「下鴨神社(賀茂御祖神社)」の詳細はこちら
天龍寺
天龍寺出典:じゃらん 観光ガイド 天龍寺
京都五山制度では第1位にもなった格式ある禅寺。当時の面影はないが明治以降再建の諸堂がたち並ぶ。夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園が有名。庭園内天龍寺では節月謹製の精進料理がいただける。(要予約) 法堂(はっとう)の天井には、平成9年に加山又造画伯によって描かれた「雲龍図」があり、土・日曜、祝日と、春と秋の特別公開に参拝できる。

\口コミ ピックアップ/
たまたま天井画を和尚さんが解説説明いてくれるタイミングに遭遇しました。面白く話術のうまさに楽しくお勉強をさせていただきました。
(行った時期:2018年5月)

3月末に訪れたこともあって、観光客がすご~く多かったのですが
桜が満開で感動しました☆彡 庭園もよかったです!(^^)! 要所要所にベンチなどが設置されてるので ゆっくり休憩しながら過ごせます。ここ以外の場所もそうですが午前中早めの時間帯に行くのがおススメ!!
(行った時期:2018年3月29日)
天龍寺
住所/京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
「天龍寺」の詳細はこちら
嵯峨野トロッコ列車
嵯峨野トロッコ列車出典:じゃらん 観光ガイド 嵯峨野トロッコ列車
今は使われていない旧山陰本線の一部を、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの片道7・3キロメートルを約25分で結ぶ。春は優雅な桜、夏は涼感の川のせせらぎとセミ時雨、秋は絢爛の紅葉、冬は情緒な雪景色と保津川渓谷の四季おりおりの美しさが満喫できる。1ヵ月前よりJR西日本で前売券販売。

アールデコ調の車両でロマンチックなひととき

\口コミ ピックアップ/
外国人観光客でいっぱいでした。
当日の予約は大変で、すぐ乗れなくて2本後に。
午前中よりも夕方の方がいいかもしれません。
景色は綺麗でのどかで楽しかったです。
桜が満開でした。
(行った時期:2018年4月)

キレイな景色は歩いてのんびり見るのが好きなんですが、トロッコに乗ってみたくて片道乗りました。
すごくおすすめです!
桜の季節に行ったのですが、平日だったからか当日でもチケットが買えました。
景色がとても素敵です。
(行った時期:2018年3月)
嵯峨野トロッコ列車
住所/京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町
「嵯峨野トロッコ列車」の詳細はこちら
醍醐寺(京都市伏見)
醍醐寺(京都市伏見)出典:じゃらん 観光ガイド 醍醐寺(京都市伏見)
醍醐寺は、上下両醍醐に分れており,醍醐天皇の勅願寺。山中に湧出する水に因んで寺名とした。国宝五重塔は京都最古。三宝院は、醍醐寺の本坊。豪壮雄大な庭園は豊臣秀吉の設計という。

\口コミ ピックアップ/
今年は桜が満開を迎えるのが早かったです。仁王門までの参道にはしだれ桜とソメイヨシノ・八重桜等が咲いています。満開の時は本当にきれい。上醍醐に上がる方(登山です)は、上にも桜が数本生えていてますよ。上醍醐の桜は山の上にある桜なので満開時期が遅めです。こちらも穴場でお勧めです。
(行った時期:2018年4月)

京都中心部から少し離れていますが、サクラの季節に訪れることをおすすめします。建物や庭園も素敵です。敷地は広いので、時間を多く見積って観光したほうが良いです。
(行った時期:2018年3月)
醍醐寺(京都市伏見)
住所/京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
「醍醐寺(京都市伏見)」の詳細はこちら
地主神社
地主神社出典:じゃらん 観光ガイド 地主神社
縁結びの神として信仰が厚い。境内にある「恋占いの石」は有名。本殿、拝殿、総門、境内地が国の重要文化財、世界文化遺産登録。嵯峨天皇「御車返し」の故事が残る「地主桜」は八重一重の花が同時に咲く名桜。

\口コミ ピックアップ/
縁結びの神社で、全体的に明るくて元気になる雰囲気でした。大きくはないですが、存在感があり、パワーを感じます。
(行った時期:2018年5月)

縁結びの神様がいらしゃる神社として有名です。中には恋占いの石がふたつあり、目をつぶって一つの石からもう一つの石まで歩くことができると、恋が叶うと言われているようです。縁結びを求める方にオススメの神社です。
(行った時期:2018年3月)
地主神社
住所/京都府京都市東山区清水一丁目317
「地主神社」の詳細はこちら
京都水族館
京都水族館出典:じゃらん 観光ガイド 京都水族館
『京都水族館』は、“水と共につながる、いのち。”をコンセプトに、一滴のしずくが、やがて川になり、海に注ぎ、雲となり、ふたたび里山に戻ってくる水のつながりの中で、いきものがかけがえのない命を営々とつないでいることを伝え、その美しさを感じ、大切さを学び、水辺の体験までも楽しめる水族館を目指してオープン。 京都の木々を配した京都水族館の館内には、国内最大級のスケールを誇るオオサンショウウオの展示コーナーをはじめ、魚眼レンズのある大水槽、梅小路公園の緑を望むイルカスタジアムなど楽しいスポットが目白押し。川と海のいきものと京都の自然や歴史を、「遊び」ながら「学び」楽しむことができます。 また、京都水族館では、展示だけにとどまらず、 遊びながら学ぶ「ふれあい」や飼育員による解説などを定期的に実施。京都に住む子どもたちが水と、水に棲(す)むいきものたちと親しめる、そんな総合エデュテインメント型施設を目指しています。 さらに太陽光発電で消費電力をおさえ、京都の希少種の繁殖をサポートするなど、環境モデル都市を代表する施設として、自然保護にも努めています。 まさに「京都らしさ」が感じられる水族館です。

\口コミ ピックアップ/
時間指定のイベントですがペンギンの餌やりがすごく楽しかったです。
飼育員の方が一羽づつ名前を呼ぶとそのペンギンが近寄ってきて飼育員さんから餌を貰いにくる姿がとても可愛くてずっと見続けてしまいました。
ペンギンがこんなにも可愛いし名前を呼ばれてるのが解るなんて凄いなぁ~と感心しました。
(行った時期:2018年5月)

他県の水族館よりも規模は小さいものの、建物からなかの空間づくりまで綺麗でおしゃれで気持ちが良い。アザラシが筒状の水槽に現れた時は感動もの。
(行った時期:2018年3月)
京都水族館
住所/京都市下京区観喜寺町35-1 (梅小路公園内)
「京都水族館」の詳細はこちら
京都府立植物園
京都府立植物園出典:じゃらん 観光ガイド 京都府立植物園
四季の草花や、数百種の宿根草のある宿根草園、また自然林など、自然の植生を重視した構成で、約1万1000種10万本の植物を植栽。毎週水曜日には植物園芸相談を行っている。’91年秋には、日本最大級の温室が完成した。

\口コミ ピックアップ/
珍しい植物があったり、桜が咲いていたりと、四季折々の風景を楽しむことができる植物園でした。
園内は広々としていてゆっくり鑑賞することができました。
(行った時期:2018年4月)

3月のお休みの日に、植物園方面へ向かいました。桜の時期だったので、植物園に入園してみると桜が満開で綺麗でした。あぁ春だなぁ~と季節を感じることが出来た上に、リフレッシュできたので良かったです。植物園近くには半木の道や陶板名画の庭などゆっくりとリフレッシュできる場所が沢山あるのでお勧めです。
(行った時期:2018年3月)
京都府立植物園
住所/京都府京都市左京区下鴨半木町
「京都府立植物園」の詳細はこちら
城南宮
城南宮出典:じゃらん 観光ガイド 城南宮
方除けの神として崇敬され、境内に名園楽水苑がある。春秋の「曲水の宴」「しだれ梅」がよく知られている。

\口コミ ピックアップ/
車で前を通った時に、あ!きっと梅が綺麗なんじゃないかな?と思って寄りました。城南宮さんは厄除けのイメージもありますが、こちらのしだれ梅はすごく綺麗。写真を撮るのにみんな待ってるって感じです。
(行った時期:2018年3月)

あまり混雑していなくて、ゆっくりとお参り出来るスポットだと思います。梅のシーズンは本当に見事で惚れ惚れしてしまいました。
(行った時期:2018年3月)
城南宮
住所/京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
「城南宮」の詳細はこちら
龍安寺
龍安寺出典:じゃらん 観光ガイド 龍安寺
大雲山と号し、臨済種妙心寺派に属する。徳大寺家の山荘を細川勝元が禅寺としたが応仁の乱で焼失し、勝元の子、政元が再興した。石庭として有名な方丈庭園は枯山水の平庭で「虎の子渡しの庭」とも呼ばれる。白砂に15個の石を配した名園。(史跡・特別名勝)

\口コミ ピックアップ/
龍安寺の入り口から満開の桜!!
池の周りの桜が満開で風が吹くと
桜吹雪がとても綺麗でした。
石庭の桜は終わっていましたがいつ見ても石庭は心を癒してくれますね。
(行った時期:2018年4月)

観光客は多いですが、ゆっくりと美しい石庭を見ていると、時間を忘れてしまいます。風情があり、とても癒されました。
(行った時期:2018年4月)
龍安寺
住所/京都府京都市右京区竜安寺御陵下町13
「龍安寺」の詳細はこちら
円山公園
円山公園出典:じゃらん 観光ガイド 円山公園
東山を背景にした回遊式庭園があり、祇園の夜桜で有名。国の名勝に指定。

\口コミ ピックアップ/
4月2日、お花見に行きました。
平日だというのに賑わってました。
枝垂れ桜が見事です♪
今年は、桜の開花が早くて、この時期でももう葉っぱが出ていましたが。
(行った時期:2018年4月2日)

桜の名所が多い京都の中でも代表格の桜。
数年前から枝振りが元気がなくなり、切り落とされた枝もある。だんだん、枝振りは小さくなっているが、それでもまだまだ京都を代表する名木。
少しでも長く花を咲かせて欲しいものです。
(行った時期:2018年3月)
円山公園
住所/京都府京都市東山区円山町他
「円山公園」の詳細はこちら
淀川河川公園背割堤地区
淀川河川公園背割堤地区出典:じゃらん 観光ガイド 淀川河川公園背割堤地区
\口コミ ピックアップ/
少し散り始めで桜吹雪が美しく、人混みもそんなに気になりませんでした。桜のトンネルを抜けて、外から見る桜、展望台の上から見る桜と色々な角度から楽しめます。
(行った時期:2018年4月)

毎年お花見はここです。
桜並木が綺麗です。
ずーっと歩いてしまいます。
さくら館もでき、展望台に登って、上から桜並木をみることができます。絶景です。
(行った時期:2018年4月)
淀川河川公園背割堤地区
住所/京都府八幡市八幡在応寺地先
「淀川河川公園背割堤地区」の詳細はこちら
毘沙門堂
毘沙門堂出典:じゃらん 観光ガイド 毘沙門堂
天台宗の門跡寺院で、天台宗京都五門跡の一つ。京都七福神の一つ毘沙門天を本尊とする。春の桜、秋のもみじが美しい。

\口コミ ピックアップ/
何度も京都には来ていますが、山科周辺は初めて観光しました。ここの襖絵はトリックアートです。ゴールデンウィーク中日の平日とはいえ数人しか観光客がいなくて、ゆっくり見えました。
(行った時期:2018年5月)

以前はちょっと穴場的なところでしたが、ポスターで有名になったようです。春は京都疏水と合わせて桜がきれい、秋は紅葉が素晴らしいところです。また、動く襖絵は、拝観の価値ありです。車で行かれる方は、道路が細いので要注意です。できれば、最寄りのJRまたは地下鉄山科駅から坂道をのんびり歩いて行くことをお勧めします。
(行った時期:2018年4月1日)
毘沙門堂
住所/京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
「毘沙門堂」の詳細はこちら
千本釈迦堂(大報恩寺)
千本釈迦堂(大報恩寺)出典:じゃらん 観光ガイド 千本釈迦堂(大報恩寺)
義空上人が釈迦念仏道場として建立。京都市最古の国宝の本堂が残る。千本釈迦堂とも呼ばれる。12月7・8日の大根だきで有名。

\口コミ ピックアップ/
桜の季節には大きい桜が楽しめます。あかめさんの像も見られましたのでなかなか見応えの有る場所でした。オススメです。
(行った時期:2018年4月)

寺を南側から入ると右側におかめさんの像があります。
枝垂桜がありすごくきれいです。人は少ないですし
落ち着いた気分で見てまわれますよ。
(行った時期:2017年4月)
千本釈迦堂(大報恩寺)
住所/京都府京都市上京区溝前町
「千本釈迦堂(大報恩寺)」の詳細はこちら
哲学の道
哲学の道出典:じゃらん 観光ガイド 哲学の道
\口コミ ピックアップ/
銀閣寺を通る疏水沿いの道。
四季折々、いろんな顔をみせてくれます。
桜の花びら散る中、歩くのは素敵ですよ。
少し涼しくなったら、また行きたいです。
(行った時期:2018年4月)

ただただ緑の道を歩く一本道。とても緑がきれいで、心身ともに癒されました。カップルで楽しく喋りながらゆっくり歩いてデートするにはとても良いところだなと思います。
(行った時期:2018年4月)
哲学の道
住所/京都府京都市左京区
「哲学の道」の詳細はこちら
平野神社
平野神社出典:じゃらん 観光ガイド 平野神社
平野神社境内は桜の名所。

\口コミ ピックアップ/
京都の他の桜スポットと違い、歩道が狭く沢山の桜の木に屋台がいっぱい出ています。
京都市民がお酒を飲んで、お花見を楽しむ雰囲気の所です。
境内は桜に覆われており、活気のある場所でした。
(行った時期:2018年4月)

平野神社は何度か訪れていましたが、最初は普通の神社で特に印象に残りませんでした。しかし桜の時期に訪れた際はそれまでの平野神社とは全く趣が違い、別世界に入り込んだようでした。桜の時期に行くことをお勧めします。
(行った時期:2018年4月)
平野神社
住所/京都府京都市北区平野宮本町1
「平野神社」の詳細はこちら
祇園甲部歌舞練場
祇園甲部歌舞練場出典:じゃらん 観光ガイド 祇園甲部歌舞練場
\口コミ ピックアップ/
舞妓さんの可愛らしさに夢中になりました。さすがに芸を積まれていて素晴らしい踊りも拝見できました。京都らしい。
(行った時期:2018年5月)

京都らしい風景です。
建仁寺に行く途中にあり、桜が綺麗で思わず立ち寄りました。
祇園界隈は桜の名所も多いですがこちらもぜひ立ち止まっていってくださいね。
空いていてオススメです。
(行った時期:2018年3月26日)
祇園甲部歌舞練場
住所/京都府東山区祇園町南側
「祇園甲部歌舞練場」の詳細はこちら

※この記事は2019年1月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ