広瀬すず『ちはやふる』完結に「まだ卒業したくない、留年したい」

女優の広瀬すずが6日、都内で行われた主演映画『ちはやふる-結び-』(3月17日より全国東宝系にて公開)の“無限未来宣言”試写会イベントに出席。2016年に2部作『-上の句-』『-下の句-』が公開され、人気を博したシリーズも今回が完結編。完成した感想を問われると「まだ卒業したくない、留学したい……じゃない、留年したい気持ちです」と話して会場をわかせた。

末次由紀の同名ヒットコミックを原作に、競技かるたに青春をかける高校生たちを描いた本シリーズ。瑞沢高校・競技かるた部員の綾瀬千早をヒロインに、高校生活最後の全国大会を目指す部員たちの夏を描きだす。この日は、共演者の上白石萌音、優希美青、主題歌「無限未来」を歌うPerfume(大本彩乃、樫野有香、西脇綾香)も出席。広瀬は「まだ現実味がない。自分が初主演をさせていただいた映画のことが今でも毎日ずっと頭の中にある。そういう感覚はあまりないので、ありがたいなって。この3年はとても長かった」と感慨深げに語った。

本作については「見所しかない」といい、「ひとつに絞れないくらい全部のシーンが大切なシーン。クランクインからカウントダウンのような気持ちで、ワンカット撮ったらワンカット終わってしまったって思ったり。この3年間の気持ちを込めて頑張りました」と撮影を回顧する。

優希は、そんな広瀬について「私のほうが年下で、お姉さんというか、ちゃんと引っぱってくれて頼りがいがありました」と切り出し、「本当に可愛くて観ているだけで癒される。すずちゃんにはお芝居の面でも引っぱってもらえました」とコメント。「座長としての意識が伝わってきた」と広瀬のリーダーシップにも言及すると、上白石も「みんなに背中で頼もしさを与えてくれたり、中心的な感じが伝わってきて頼もしかったです」と同調を。一方広瀬は「前作の時のほうがゆとりがなかったので、あの時よりいろんなことが見えていたらいいなって思ってやっていました」と照れくさそうな表情で答えていた。

作品の面白さについてはPerfumeも大絶賛。かしゆか(樫野)が「3人で号泣しながら見ていました。タイトルからして切なくて、観ていて終わって欲しくないって」と話せば、あ~ちゃん(西脇)も「応援したいなっていう気持ちで観ていました。好きという気持ちはいろんなことを突き動かすし偉大だなとも。私にはそんな人いたかなって、自分のことを振り返ったりして何回でも観たいって思いました。笑ったと思ったら泣いたり、感情も追いつきませんでした」とコメント。

また、かしゆかは壇上で主題歌のタイトルに絡め「無限未来髪を黒色のままでいます。29歳だけど、染めたことがないんです」と話し、広瀬を振り返って「私、すずちゃんみたいなベリーショートにしてみたい」と爆弾発言も。ドライヤーが楽そうなことなどを理由に挙げると、広瀬は「ドライヤーはいつも1分です」とにっこり。いつも“30分”かかっている、というかしゆかを驚かせていた。

ほかにも、イベントではPerfume自ら、広瀬らに主題歌の特徴的な振付を特別指導するなど、大いに盛り上がっていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ