『海月姫』瀬戸康史シャワー姿からのキュン死と尼~ずに号泣で神回の声

しらべぇ

2018/3/6 14:00


「第三の男」カイ・フィッシュ(賀来賢人)が現れ、一気に物語の様相が変わり始めた『海月姫』(フジテレビ系)。

5日夜9時より、第8話が放送された。

■みんなとの別れ


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

大手アパレル企業のCEOカイ・フィッシュに、デザイナーとして目をつけられた月海(芳根京子)。ドレスとワンピースのデザインを3億で売ってほしいと言われるが、「デザイナーのミス月海、あなたと一緒に」と衝撃の条件を付けられることに。

蔵之介(瀬戸康史)は「あなたはなにもわかってない。あの服も、月海のことも」と、その提案を突っぱねる。オフィスを立ち去る際、月海はカイから「困ったことがあったら、いつでも連絡ください」と名刺を渡された。

プロモーションスペースに月海たちが戻ると、高笑いする稲荷翔子(泉里香)と部下の佐々木公平(安井順平)が現れ、『天水館』の売買契約が成立したと告げる。すぐに『天水館』に帰った月海たちだが、さすがの蔵之介も打つ手がなく落ち込んでしまう。

月海は「困った時には連絡するように」言われていた修(工藤阿須加)へ電話するが、繋がらない。勇気を出して鯉淵家を訪ねるも、修は不在。慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)に迎え入れられた月海は、『天水館』が売却されたことを相談するが、どうすることもできないと言われてしまう。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

尼~ずが「天水館お別れパーティー」を開催し、ジジ様(木南晴夏)が「ここでしか生きられない人たちの集まりでしたから」と言うのを聞き、月海はカイへ電話をかけに行く。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

翌日、引っ越し業者を連れた稲荷が天水館に乗り込み、札束をばら撒いて尼~ずたちをひれ伏させる。駆け込んできた蔵之介が稲荷に食って掛かる中、佐々木から天水館の件が中止になったと電話が入る。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そこへカイの秘書・ファヨン(伊藤ゆみ)が現れ、月海をシンガポールへ連れて行くと告げる。月海は天水館を買ってもらう代わりに、カイの元へ行く取引に応じたのだ。蔵之介は引き止めるが、事情を知った尼~ずは月海を笑顔で送り出す。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

ファヨンに連れられカイとのランチに向かうと、魚釣りをすることに。そこでカイは月海に、自らの生い立ちを語る。

納得のいかない蔵之介がカイのオフィスへ押しかけ、受付で揉めていると、同じく急な展開に怒る稲荷も登場。二人で待ち伏せし、カイに詰め寄るのだが「私は月海さんを一流のデザイナーにする。あなたにそれができますか?」と言われ、蔵之介は言葉を失う。

しかし、あきらめきれない蔵之介は、花森(要潤)に頭を下げて、月海の居所を探してほしいと頼む。その頃になって、月海への婚約指輪を買って帰国した修。蔵之介に状況を知らされ、花森に「月海さんのことを連れ戻しに行きたいんです」と言うが、「その必要は、ありませんよ」と言われてしまう。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

月海はカイが作ったサロン・CUBEへ連れて行かれ、その後、広いホテルの部屋でぽつねんとしていると、蔵之介が訪ねてきて、いきなり次々とルームサービスを頼んで宴会を始める。ファヨンはカイへ報告するが、「好きにさしてやれ。今夜は、彼らの最後のパーティーだ」と逆にファヨンをなだめる。

月海のネガティブさを説教しながら、修が真っ直ぐに月海を好きでいることを伝える蔵之介は、酔って「泊まる」と言い出し、シャワーを浴びている途中に転び、足を挫いてしまう。

月海は蔵之介の裸にパニックになりつつ、肩を貸すのだが一緒にへたり込む。月海を抱き寄せた蔵之介は、「行くな月海。行くなよ。行くなよ。どこにも行くな、月海」と本心を口にする。しかし、翌朝目が覚めると月海は部屋から消えていた。

CUBEへと向かう車の中、月海はカイから「これから君は一人で戦っていくんだ。仲間なんてこの世界じゃ、何の意味もない。早く切り捨てたほうがいい」と言われる。

その頃、天水館ではまやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)が、クラゲのドレスを片付けようとしていた。蔵之介は二人を責めるが、千絵子(富山えり子)は「つらいのよ。ドレスが目につくところにあるとね」とみんなの本心を語り、号泣する尼~ず。

蔵之介は「だったらさ、俺たちの気持ちだけでも、月海に届けようと」とみんなに提案する。居場所のわからない月海に、どう伝えるのかを話していると、ジジ様があることを思いつく。その頃、稲荷と佐々木は修に、月海を取り戻すようにけしかけていた。

CUBEで「一人で生きて行けるのか…」と考え込んでいた月海は、思いついてテレビをつけ『たけ散歩』を観て、ジジ様を思い出す。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

その画面へ突如として月光仮面が横切り、カメラがその姿を追うと、蔵之介、尼~ずが「ジェリーフィッシュ」の服を着て、修、花森も一緒に、月海に帰ってきてほしいと必死に呼びかけていた。その様子を見た月海は、堪えていたものがあふれ、テレビの前で声を上げて泣き出すのだった。

■修が残念すぎ


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

第6話で王子様ぶりを発揮して評価を急上昇させたものの、前回の暴走で再び蔵之介にリードを許した感のあった修だが…









肝心な時にいない上に、お花畑状態で婚約指輪を買っている姿で、上がった評価もダダ下がり。しかも、その指輪も





と、ディスられる始末。尼~ずからは「今さらのメガネ男」とスルーされ、TLでもツッコまれまくり。







宿敵であるはずの稲荷や佐々木にまで励まされるという、「残念すぎる」展開だった。

■安定の花森さん


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そんなシュウシュウと違って、今週も安定の活躍を見せた花森さん。月海を探してほしいと頭を下げる蔵之介の姿に、グッときていると…







あっという間に、みんなを笑顔に。

しかも『たけ散歩』のシーンでは、鮮やかに駆け抜ける月光仮面でたけさん(中原丈雄)の視線を釘付けにし、みんなの思いを生中継させることにも成功! だが、その姿は尼~ずたちの絆に感動するみんなの心には、ちょっとした雑音状態。







でも、そんな花森さん、最高である。

■稲荷が評価爆上げ


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

プロモーションスペースで月海たちを待ち構えたり、天水館で尼~ずに札束をばら撒いたりして、完全に壊れモードだった序盤の稲荷。









(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

しかし、ようやく買収した天水館をかっさらわれると驚きの行動に出て、衝撃のコラボが!









単なる「呉越同舟」を思い浮かべていると、終盤には指輪をからかいつつも修を焚き付け、月海との恋を後押し。佐々木に「いいんですか?」と聞かれ、「あの子を取り戻さないと、私が困るの」と拗ねた表情を見せ、一気に「いい人かよ」評価に。








■サービスショットからのキュン死シーン


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

「俺はあきらめない。どこにいようと、どんな遠くへ行こうと、俺はあいつを捕まえる」と、修に啖呵を切ったセリフも悶絶級だったが、TLが沸きまくったのは、しらべぇドラマ班が予告していたサービスショット! しかも、今までより多め!!









月海がみんなの気持ちを代弁するかのように、鼻血を噴き出してくれたが、返す刀で…月海を抱き寄せて、「どこにも行くな、月海」のキュン死シーンに突入。











完全に語彙を失っている人も多かったが、やっぱり…







「うん。うん。そうなるよね」な展開で、最大級のキュン死者数を記録したと思われる。

■月海の成長と尼~ずの絆に号泣


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

修に電話しただけでなく、勇気を出して鯉淵家へ行き、慶一郎にも相談を持ち掛ける姿に、月海の成長を感じる人が続出。







みんなのために一人で決断する姿もいじらしく、切なさでいっぱいに。

一方、天水館の売却完了という衝撃で、目白先生まで壊れモードになる尼~ず。稲荷に「すぐに出ていくなら50万円払う」と言われ、気持ちが揺らぐ姿には「それ、安すぎるからっ!」と盛大にツッコミが入っていた。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そして、カイの元へ身売りされる月海を笑顔で見送る場面や、まややとばんばさんが「かわいそうなんかじゃない~♪」と即興ミュージカルを始めたシーンでは、かなりのブーイングがあふれたが、そんな状況でもこんな声が。







だが、尼~ずの本当の気持ちに気づいていなかった人も、その本音や絆の深さを知り、『たけ散歩』生中継ジャックのシーンを観て、月海と共に号泣。











サービスショットやキュン死シーンの影響もあるが、この月海と尼~ずの絆への感動から「神回」とコメントする人も、少なからず見受けられた。

■再びのすぎもっちゃん召喚!


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

短いシーンだったが第3話で登場して大人気だったすぎもっちゃんが、今回花森さんに召喚されて再登場する。花森さんとの掛け合いも多そうで、かなり楽しみ。

さらに予告編を観ると、なんと尼~ずがはじめてのお仕事!? そして月海は、どうなってしまうのか? 蔵之介と修は、ちゃんと月海を奪還できるのか? 次回、第9話が待ち遠しすぎて、この1週間いつも以上に長く感じてしまいそうだ。



《これまでに配信した『海月姫』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→今夜もキュン死者続出必至の『海月姫』 瀬戸康史演じる蔵之介の魅力とは

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ