最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本日開催!【R-1ぐらんぷり】「THE W」と2冠なるか?ゆりやんレトリィバァ「友近さんの言葉が心の糧になってます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“ひとり芸”ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2018」決勝戦(3月6日夜7.00-8.54フジ系)が今夜に迫った。準決勝を突破したファイナリスト10人を紹介してきたWEBサイト「ザテレビジョン」のインタビュー特集、10人目は昨年「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)で優勝し今大会と2冠の期待がかかるゆりやんレトリィバァが登場!

ダンス、ピアノ、英語などを駆使した一人コントが得意で漫談もでき、幅広いジャンルの笑いを持つのが強み。2013年にNSC大阪校35期生を首席で卒業し、2017年にはピン芸人ながら「上方漫才コンテスト」で優勝、創設されたばかりの「THE W」でも優勝し、初代女王に輝いた実力の持ち主だ。

「R-1ぐらんぷり」は2015年から4年連続出場にして4連続決勝進出と、大会との相性も抜群。決勝進出会見では、冒頭から「広瀬すずです…ちょーし乗っちゃって」といつもの調子であいさつ。ボールを引く方式のネタ順抽選では、ボールのようにツルツルのルシファー吉岡の頭を引こうとするなど存在感をアピールした。「前回、負けた瞬間から今年の『R-1ぐらんぷり』のことを考えてきた」と、今大会に懸ける思いは人一倍大きい。そんな彼女に今大会への意気込みを聞いた。

■ 昨年の敗因は「緊張しすぎたこと」

――まずは決勝進出を決められた今の心境を教えてください。

ホントにいつも「R-1ぐらんぷり」のことを考えて生活してて、絶対優勝したいと思っているので、今回4回目出させていただけることになって本当にうれしいです。去年は3回目ということもあって、誰に何を言われたわけでもないんですけど自分で勝手にめちゃくちゃプレッシャーを感じていて、去年の時点で「今年優勝しないともう仕事なくなる」と思ってたんです。絶対に優勝したいと思ってたんですけど、負けた瞬間に「また一から来年に向けてやるんだ」と切り替えができて、それで今回また来させてもらって…結局何がいいたいかっていうと、うれしいです(笑)。

――決勝進出が決まったとき、泣かれてましたよね?

あっ泣いてました。去年は勝手に自分でむちゃくちゃプレッシャーを感じてたこともあって、緊張しすぎて何もいいことがなかったので、今年は嘘でも緊張しないでいようと思ったんです。

――「THE W」で昨年優勝されて、今回は“女王”として期待されている中での「R-1ぐらんぷり2018」でしたが、勝ち進んでいく中でプレッシャーはなかったですか?

そこはプレッシャーに感じてなかったです。「THE W」に出場が決まる前から「R-1―」で優勝したいということは思っていたので、そんなにプレッシャーにはならなかったですね。自信につながるっていうことはあったかもしれないです。でも、今回の「R-1―」も女芸人の方が多いので、「THE W」で優勝させてもらったのに今回負けたら「あれは何やってん」って思われてしまうので、そこは頑張らないといけないと思います。

■ 河邑ミクと「キャラ被ってます」

――河邑ミクさんも紺野ぶるまさんも「純粋な力ではゆりやんさんには勝てない」とおっしゃってました。

言い過ぎです! 言い過ぎです!

――女性芸人さんにとってはあこがれの存在であり、超えたい壁のようになっていますよね。

いやいやいやいや。恐れ多いです。まったくその言葉をお返しします!

――同じブロックに河邑ミクさんがいらっしゃいます。決勝進出会見では河邑さんと一触即発のシーンもありましたが。

河邑ミクさんはかわいいって言われてますけど、その辺ちょっと私とキャラが被っているので…ちょっと怖いです。

――(笑)

私、尊敬している先輩のひとりに友近さんがいらっしゃるんですけど、ホントに恐れ多いんですけど友近さんに「あんた、私と似てるとこある」って言っていただいたことがあって。「あんた、別にスベッててもええやろ? 自分が楽しいとかおもろいと思うことをやってたら、その時間スベッてても気持ちいいんやろ? わかるわ、私」みたいなことをおっしゃってて。めちゃ尊敬してる友近さんに「一緒の部分がある」と言っていただいたことが心の糧になってます。

■ 「2本目は違うジャンルで準備してます!」

――決勝に向けてどんな準備をされますか?

やっぱり2本目のネタですね。「THE W」で2本使ったからもうネタないんちゃう?って言われることがあるんですけど…チッチッチ、あるんです(笑)。私の場合、ゆりやんやったらコレっていうことではなくいろんなジャンルのネタがあるので、「THE W」とはまた違った私を見ていただけるようにやっていくのみ…だったり、そうでなかったり(笑)。

――賞レースでは、初出場の人がインパクトで優勝をさらっていくようなこともあり得ます。その点、ゆりやんさんはもうお茶の間に浸透してるわけで、目新しさという点では初出場の人にもチャンスがあるようにも感じますが、不安を感じることはありますか?

私自身は皆さんに見ていただく機会が増えるっていうのはありがたいことなんですけど、ネタは「R-1ぐらんぷり」の決勝に向けて皆さんにほとんどお見せしていないものを準備していますので、2本目を見たいという気持ちで1本目では嘘でも笑っていただけたら(笑)。2本目は1本目とは違うジャンルで準備しているということはお伝えしたいです。

――決勝4回目という経験は強みですね。

去年のむちゃくちゃ緊張してたっていうのがすごく反省点なので、今はとにかく、楽しんでやるだけっていう気持ちです。

「また優勝会見でお会いできるように頑張ります!」と朗らかに言い残して取材現場を後にしたゆりやんレトリィバァ。「2本目は違うジャンルのネタを用意している」とさらりと語る彼女は、対戦者たちにとって大きな脅威だ。決勝戦では彼女を含む10人と、「復活ステージ」から勝ち上がった2人の合計12人から、“ひとり芸”ナンバーワンが決定する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139549/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス