自宅で簡単にできる!”今すぐどうにかしたい”というときの5つの鼻づまり解消法。

TCM

【実録】つらい鼻づまり解消法


鼻づまりを少しでも楽にするタオルやペットボトルを使った簡単な解消法をご紹介します。鼻に効くツボなど家でも簡単にできる方法ばかり。どれも長年花粉症と戦ってきた方が実際にやっていることです! まずは試してみて!
Check!01

蒸しタオルを顔に当てて鼻から吸う



タオルを水でぬらして固く絞り、レンジで30秒ほど加熱。温めたタオルを鼻に3~4分あてる。鼻孔が広がり、粘膜の血流がアップ。(みっちーさん・営業職)
Check!02

ペットボトルを詰まっている鼻と逆のわきに挟む



詰まっている鼻と反対のわきの下に20~30秒挟む。わきの下の交感神経が鼻甲介とつながって、鼻の穴が広がるので一時的にスッキリ。(Peachさん・会社員)
Check!03

呼吸法+ヘドバンをMIXさせる



深く息を吸って、吐く息がなくなるまでゆっくり吐く。鼻をつまみ、頭を上下にゆっくりと動かし限界まで繰り返すと鼻腔が開いていき楽に。(丸さん・会社員)
Check!04

寝るときは頭を高くして傾斜をつける



枕の上か下にクッションを入れて高さをつける。症状がひどいときは上半身もやや高めになるように調整するとつまりにくくなる。(春さん・美容師)
Check!05

鼻に効くツボを押してみる



小鼻の左右のふくらみのわきにある「迎香(げいこう)」というツボを刺激する。ゆっくり10秒押すのを4~5セッ ト。(コロナさん・大学3年)


首を前に倒したときに 、首の付け根の骨のでっぱりのすぐ下にあるツボ「大椎(だいすい) 」をギュッと押して刺激する。(ミリミリさん・美容師)


親指と人さし指の間のくぼみにある「合谷(ごうこく) 」というツボを刺激。目のかゆみや充血などにも効果があります。(ヤス子さん・会社員)

◎撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課)◎撮影協力/伊藤千鶴

当記事はTCMの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ