恋愛相談は誰にすべき? 元カレやフレネミーに注意?

カナウ

2018/10/10 12:30


恋愛相談は誰にすべき? 元カレやフレネミーに注意?

「彼氏とうまくいっていない」

「好きな人ができたけど、どうやってアプローチしていいか分からない」

そういった悩みがあるとき、自分の胸の内にしまっているのって苦しいですよね。

今回は、恋愛で悩みがある場合、誰に相談するのがベストなのかについて解説していきます。

そもそも、恋愛相談の目的はなんなのか?


そもそもですが、自分の恋愛を他人に相談する目的はなんなのでしょうか?

自分以外の誰かが、あなたの恋愛の悩みを解決することは不可能です。
恋愛の相談相手にアドバイスをもらい、そのアドバイスにしたがって成功した、という人も、実はあまりいないでしょう。

恋愛相談とは、
「話を聞いてもらってすっきりするため、ストレス発散のため」であり
「自分の気持ちや考えを整理するため」つまりは
「自分が心地よく感じるため」にするものなのです。

そう考えると、おのずと誰に相談するべきかは、明らかになってきます。

相談すべき人、それは「話していて心地よく感じられる人」。

逆に、相談すべきでない人は「話をしていて嫌な気持ちになる人」です。

恋愛相談すべき人とそうでない人とは?


恋愛相談相手としては、以下のようにさまざまな人が考えられます。

・友人

・元カレ

・両親

・兄弟・姉妹

・知人

・カウンセラー

この中で誰に相談すべきでしょうか。

端的に言うと、誰でもOKです。
ただし、あなたが話をしていて心地よく感じ、ストレス発散できる相手である必要があります。

友人に恋愛相談すべき?


一般的に、もっとも恋愛相談しやすい相手は同性の友人でしょう。お互いの恋愛遍歴を知っているため話しやすいでしょうし、相手の恋愛相談にも乗ったことがあれば、恋愛相談相手として最適だと考えるのが自然です。

その友人と話していて、すっきりしたり、いい気分になったりするなら、その友人は恋愛相談相手として適しています。

ただし
「否定ばかりしてくる」「上から目線」
など、不快な気分になるようであれば、二度と恋愛相談はしないのがオススメ。

友人のなかにもフレネミー(フレンド+エネミー)といって「友を装う敵」という存在もあります。

フレネミーは、表では友達ぶっているものの、影で悪口を言ったり、あなたのポジションに嫉妬して、あなたのポジションを奪おうとしたり、虎視眈々とあなたがそのポジションから落ちるのを待っていたりする、やっかいな存在です。

もし相談した人がフレネミーなら、敵意をむき出しにしてくるでしょう。
そういった人と話していても、マウンティングされたり、対抗されたりしかねません。

恋愛相談をするなら「あなたの幸せを願える友人」だけに限りましょう。
元カレも同様です。
別れてから友達になり、あなたの話を聞いてくれる人であれば、遠慮なく恋愛相談してみましょう。

他人に相談するのもあり?


深刻な悩みの場合、カウンセラーなど、第三者に相談してみるというのも一案です。
客観的な視点で、冷静に話を聞いてくれる可能性があります。

ただし、カウンセラーは玉石混交で、自分に合う人と合わない人がいます。
そのあたりはしっかりと見極める必要があります。

さいごに


恋愛について自分ひとりで悩んでいるのがしんどいという人は、誰かに相談してみましょう。
そして、相談相手はあなたの幸せを本当に望んでいる人を選びましょう。
話をすること、気持ちを吐き出すことは、気分を向上させる効果があります。

ため込まず、自分の中のモヤモヤした感情を上手に発散して、すてきな恋愛を楽しんでくださいね。

今来 今/ライター 

公開日:2018年3月5日
更新日:2018年10月10日



あなたにおすすめ