【陰謀論】ジャニーズ事務所のYouTube参入は「元SMAPの3人を潰す説」が浮上



2018年3月5日、日刊スポーツが「ジャニーズ事務所がジャニーズJrの最新動画などを配信する公式YouTubeチャンネルを開設する」と報じた。これまで肖像権保護の観点からインターネットとは一線を画していた同社だけに、この一報はネット上で大きな話題を呼んでいる。

その中で気になるのが「なぜ今このタイミングでジャニーズ事務所がインターネットに参入するのか?」というもの。一部の意見では「SMAPの3人を潰しに来ている説」も浮上しているから穏やかではない。

・なぜこのタイミングなのか?
3月21日から配信開始を予定しているジャニーズ公式YouTubeチャンネル。ジャニーズJr 5組のメンバーが登場し毎日配信される予定だという。熱烈なファンが多いことで知られるジャニーズだけに、YouTubeチャンネル内でも人気コンテンツになりそうだ。

それはさておき「なぜこのタイミングでYouTubeに参入するのか?」気になる方も多いことだろう。ジャニーズ事務所は1月末に「ネットへの写真掲載の解禁」を発表するなど、インターネットへの参入を急ピッチで進めているようにも見える。

もちろん「ネットの影響力を無視できなくなった」というのが最大の理由と推測されるが、中には2017年9月にジャニーズ事務所を退社した「元SMAP3名の存在も少なからず影響しているのでは?」という意見も多いようだ。

・ネットの声
「完全に新しい地図の後追いですね」
「3人の存在と今回の件が無縁のハズがない」
「3人はネット使ってイキイキ仕事してるからな」
「新しい地図への対抗意識丸出しでウケる」
「この後に大物グループも登場させて3人を霞ませる作戦でしょ」
「ジャニーズも甘い。3人を潰すなら最初から中居くんレベルを投入しないと」
「こういうことやるからジャニーズは印象悪いんだよ」
「メリー、ジュリーの執念はハンパないな」
「5年遅い」
「3人は事務所を独立してからも後輩たちの道を作ってるんだな」

2017年11月にAbemaTVで放送され大反響を呼んだ『72時間テレビ』の例を挙げるまでもなく、YouTubeやインスタグラム、ブログなど各種インターネットで情報発信を続ける元SMAPの3名。果たしてジャニーズ事務所のインターネット参入に3人の活躍は無縁だったのだろうか

元SMAPの3名でいえば、香取さんが出演する『おじゃMAP!!』と草ナギさんが出演する『ぷっすま』が3月いっぱいで終了することから、ますますネットでの情報発信が強まると予測される。この先「ネット上でジャニーズメンバーと奇跡の再開!」なんて展開もある……のかもしれない。

参照元:日刊スポーツ
執筆:P.K.サンジュン
イラスト:稲葉翔子

この記事の動画を見る
Related Stories

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ