川崎あや、ハイレグセーラーで下乳初披露「新しい発見でした」

dwango.jp news

2018/3/5 06:42

167cmのスレンダーな体に、52センチの美麗なくびれボディと可憐フェイスで多くのグラビアファンを虜にしている噂の“くびれスト”川崎あやが念願の「ヤングジャンプ」(3月1日発売・集英社)の表紙に登場。4日、秋葉原・ビリビリAKIBAでスペシャルイベント「川崎あや*ヤングジャンプ表紙記念イベント~ヤンジャンを探せ!~」を開催した。
イベント前に囲み取材に応じた川崎は、今号のグラビアでも披露しているお気に入りの”ハイレグセーラーwith下乳”というなんともセクシーなコスチュームで登場。「ハイレグ天使」という新しい称号をアピール、報道陣を惑わす笑顔でポージングし、表紙登場を祝った。この衣装、数々のグラビアアイドルのコスチュームなどを手掛ける”ようこさん”の手によるオーダーメード。「セーラーなのにハイレグで、こんなに攻めてるのにツインテールで髪留めも透明というダサさがポイント」とメイクさんも指定したトータルコーディネートだ。さらに初めての”下乳”を披露。「(下乳)あるんですよ!今まで求められてなかったんですかね(笑)。ちゃんと膨らんでるんだって思いました。ちょっとこれから出していこうかなあ。新しい発見でした」と、絶品のくびれ、超美尻のほかに”下乳”も手にいれ、ある意味グラビア”三種の神器”が揃った川崎あやはこれから無敵化するのだろうか。
IMG_7582
巻末、センターを経て3度目の登場で表紙を獲得した川崎は「ヤングジャンプさんはグループアイドルの方だったり、女優さんだたたり、あんまりグラビアアイドルが表紙ってないので、まさかなれるとは思ってなくて、本当にアンケート頑張って書いてくれたみんなに感謝したいです」と喜びを語ったが、その一報を知らせたマネージャーが意地悪だったと不満げ。「ずるいんですよ。最初”もうダメかもしれない、もう1回あったても巻末とかかなあ…”って演技して(笑)。そういうフリがあって”表紙決まったよ”って。若干聞いた時腹が立ちましたけど(笑)、凄い嬉しかったです」と振り返った。
今回表紙となった写真は競泳水着を着て、めずらしく”振り向き”スタイル。彼女のもうひとつの魅力、形の良い美尻が堪能出来て秀逸の表紙だが、実は前のハイレグの角度があまりにも鋭角なため、表紙では刺激的とバックショットになったそうだ。「衣装さんが張り付いてくれていないと、”くるくる”って上がっちゃう」と着ているだけでたいへんなハイレグ。中にはちゃんと前向きのショットも収められているので、ご覧いただきたい。くびれはもちろん、あり得ない角度のハイレグを着こなす大胆さで、メイドやねこコスの”あやにゃん”などが登場、仕上がりが良かったため、急きょ増ページになったほど編集者もメロメロにさせた。
撮影中は「これが表紙になるんだ。と気が引き締まりましたね。ふだん朝弱いんですけど、この日は調子よく臨みました。表紙の写真も朝一番だったのですが、すごい起きてます(笑)」と気合の入った撮影だったと振り返った。
表紙になって「お仕事のオファーが増えました」と嬉しい悲鳴。また友人からも「見たよー」と多くの連絡が来たそうだ。また同じ事務所のアンジェラ芽衣、メイリ、青山ひかる、桃月なしこらからも「念願だったからね、泣きそうになった」と祝福されたそう。なかでも夏目みきは「イベント来れないのに5冊も買ってくれた」と言う。みんなから祝福された「ヤンジャン表紙」、今後もほかのマンガ誌も制覇する勢いで頑張るとキラキラの笑顔を見せた。

あなたにおすすめ