最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シンデレラ願望を打ち砕く傑作『やんごとなき一族』、“王子様”との「その後」を描く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「どて焼き」「桜の柄の着物」「人数分に足りない和菓子」……なんの三題噺かと思うでしょうが、これらのアイテムを鮮やかに配置して、極上のエンタテインメントを紡ぎ出すのが、こやまゆかりという作家の豪腕。待望の新作『やんごとなき一族』(講談社)は日本屈指の高級住宅街・芦屋を舞台に、身分違いの結婚をしてしまったある女性の奮闘記です。

主人公は大衆食堂「まんぷく屋」の一人娘・佐都。3日間かけて仕込むという看板メニューのどて焼きには多くのファンが存在し、のちに佐都の夫となる健太もその1人でした。いつしか恋仲となった2人ですが、なにを隠そう健太は名門旧家の次男。ゆくゆくは長男を差し置いて一族の跡取りとなる身です。そんな彼との結婚が一筋縄でいくわけはなく……。

どて焼きを手みやげに健太の実家へ結婚の挨拶へと向かった佐都でしたが、屋敷に足を踏み入れようとした瞬間、無情にも門扉を閉められます。インターホン越しに響く健太の父親の声。「佐都さんとやら、自分の身の程を知っているのなら、二度とこの場所に足を踏み入れるような恥ずかしいマネはできないはずだ」。大きなショックを受けた佐都はその場から離れようとするのですが、転倒してどて焼きを芦屋の路上にぶちまけてしまいます。「ごめん、ごめん−−どて焼きが…!!」。どて焼きを愛する健太の切ない声が閑静な高級住宅街に虚しく響き渡ります。どて焼きに込められた佐都と家族の想い。上流階級の人間でありながら庶民的な生活を愛する健太。そして、その父の横暴。どて焼きというアイテム1つで、こやま先生はこんなにも起伏のある物語を描き出すことができるのです。

「桜の柄の着物」は佐都の母親が唯一持っていた着物。ちょうど桜の季節だからと佐都はそれを着て健太の実家へと赴くのですが……。「人数分に足りない和菓子」は、健太の祖母から「みなさんにお出しして」と手渡された上生菓子。ところがそれは今ここにいる人間の数にはまったく足りていないのです。そこで佐都がとった行動とは……。一つひとつのエピソードが実に巧みで厚みがあり、期待を裏切りません。こうしたアイテムはこれ見よがしに登場し、読者はすぐに「フラグ」だとわかるのですが、いかんせん続きが気になって仕方ないのです。圧倒的な物語の力。作者の掌の上で転がされる快感。これぞまさにザ・浪花節。

 王子様と結ばれ“めでたしめでたし”の先は?


 それだけではありません。こやま先生の作品は、いつだって女性が何かを手に入れる物語で、女性をエンパワメントするマンガです。そして冒頭の「シンデレラは王子様に見初められ、玉の輿に乗り、豪華なお城で一生幸せに−−果たして暮らせたのでしょうか?」というネームは、渡辺ペコ先生の『1122』(講談社)の問題意識にも通じます。1巻の最後で『1122』の主人公はこう言いいます。「『王子様はお姫様をお城に連れて帰り、そうして二人は結婚して、幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし』ていうのよくあるじゃないですか? 昔っから。でもさ、彼らあのあとぜったい大変じゃない? 私が見たいのは、生きたいのは、“めでたしめでたし”のその先、そのずっと先なのです」。まったく作風の異なるこの2作ですが、パラレルで読まれるべき女子マンガの傑作だと私は考えています。

現在、こやま先生が原作を手がけた『ホリデイラブ ~夫婦間恋愛~』(講談社)がテレビ朝日系列の「金曜ナイトドラマ」枠でドラマ化され、好評のを得ながらオンエアされています。同局の深夜枠では以前にもこやま先生の『バラ色の聖戦』(同)をドラマ化していました。これはもう来年あたりやるしかないでしょう。ドラマ化待ったなしの『やんごとなき一族』、ぜひご注目を。

小田真琴(おだ・まこと)
女子マンガ研究家。1977年生まれ。男。片思いしていた女子と共通の話題がほしかったから……という不純な理由で少女マンガを読み始めるものの、いつの間にやらどっぷりはまって、ついには仕事にしてしまった。自宅の1室に本棚14架を押しこみ、ほぼマンガ専用の書庫にしている。「FRaU」「SPUR」「ダ・ヴィンチ」「婦人画報」などで主に女子マンガに関して執筆。2017年12月12日OA『マツコの知らない世界』(TBS系)出演。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス