二郎系ラーメン店・立川マシマシ ストロングゼロつきの「ストロングセット」を発売

しらべぇ


美味しい食事をしたあとは、満腹になり幸福感も高まる。だが、毎日忙しく働く社会人は、幸せになれるほど美味しい食事をする時間すらないことも多い。

■忙しく働く社会人におススメ『ストロングセット』


(©ニュースサイトしらべぇ)

そんな人たちにおススメしたいのが、人気の二郎系ラーメン店『立川マシマシ』の一部店舗で提供している、禁断のメニュー。その名も『ストロングセット』だ。

名前のとおり、最近人気の高アルコールチューハイ『ストロングゼロ』を、立川マシマシの定番メニュー『マシライス』と組み合わせたものだ。

■セットの内容は…


(©ニュースサイトしらべぇ)

セットの内容は、マシライスとストロングゼロ以外にニラキムチと、むちゃくちゃ薄い(たぶん濃い味ラーメンに合わせてある)モヤシ入りのスープで1,100円。

マシライスのごはんは最大300グラムの麺や豆腐に変更できるので、肉みそそば風にすることもできるし、ひき肉豆腐にしてストロングゼロのつまみとして食べることも可能。

■濃い味のひき肉が激ウマ


(©ニュースサイトしらべぇ)

記者は罪悪感を減らすため100円の玉ねぎをトッピングし、ごはんを200グラムの麺にして食べたのだが、濃い味のひき肉が超絶美味で麺が進みまくり!

(©ニュースサイトしらべぇ)

ニラキムチのいい感じの辛味がアクセントになり、あっという間に麺を完食してしまった。コレなら300グラムでも余裕で食べられたので、ちょっと後悔した。

■ストロングゼロと濃い味麺料理の相性


(©ニュースサイトしらべぇ)

また、驚いたのはストロングゼロと濃い味の麺料理との相性。サントリーのCMでも料理と合うと言っているが、確かにあぶらっこく濃いめな料理に最高に合う。

(©ニュースサイトしらべぇ)

濃い料理はひと口食べると口の中が完全にその味で埋まってしまうが、強い炭酸とアルコールがすべて洗い流し、またすぐに次を食べたくなってしまうのだ。

■1,100円とは思えない幸福感


値段は1,100円なのに、食後の幸福感は3万円ぐらいの高級フレンチに勝るとも劣らないレベル。すべての嫌なことをが無になり、自分の世界がリメイクされるのを実感する。

正直に言うとこの組み合わせはあまり体には良くない気もするが、それを超越した幸福感を感じることができるため、世の中のすべてが嫌になったら食べに行くときっと幸せになれるだろう。

毎日上司に叱られている、体力はあるけど精神がやられそうな若手社会人や、彼女にふられて気分がどん底の若者には、とくにおススメである。コレはおそらく口に入れられる合法の物の中で、もっとも幸福度の高い食べ物ではないだろうか。

■ストロングセット実施は一部店舗のみ


(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに、ストロングセットはすべての立川マシマシで実施してはおらず、一部店舗のみ。しらべぇ取材班が確認した限りでは、現在のところ立川総本店と神保町店で実施中。

3月8日からは群馬県伊勢崎市の、ライスが主役で話題の家系ラーメン店『立川家』でもストロングセットがスタートするので、さらなる人気を呼びそうだ。

立川マシマシ公式Twitterでもストロングセット開始の告知を定期的にしているので、体験したい人はチェックしておこう。

・合わせて読みたい→ラーメン店なのにライスが主役!? 家系ラーメン店『立川家』がスゴい

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ