最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

池田エライザに「月刊ムー」のTシャツが届いた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月19日(月)と26日(月)の2週連続で、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を務めるドラマ「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド―事件の方が放っておかない探偵―」(共に夜0:25-1:25、フジテレビ)の放送が決定した。

同ドラマは、安藤政信が演じる私立探偵・和田が依頼人からの調査を進めるうちに、世界の裏側の大きな事件に巻き込まれていってしまうというストーリー。撮影が行われた都内のスタジオで、主演の安藤と共演する池田エライザ、超特急・草川拓弥が取材に応じた。

2017年3月に第1弾が放送され、奇想天外なストーリーとコメディータッチな内容で好評を博し、今回の続編が決定。安藤は「前回は上田さんの世界観に入れるのを楽しみにしていた企画でした。その続編として、もう一回ドラマを作ることができて本当にうれしいです」と喜びを語る。

さらに「大の大人がくだらない話を真面目に作っています。(自身も出演した)『コード・ブルー―』(2017年、フジテレビ系)とは全然違う(笑)」と言い、一同の笑いを誘った。

また、脚本を読んだ感想を聞かれると「2回タイムスリップして過去の自分に出会う話なので、過去の自分を含めて3人分演じないといけないんです。テンションをキープするのが大変でした」と苦労を明かすが、「脚本は本当に面白いので、出来上がりを期待してもらいたいです!」と呼び掛けた。

一方、池田は「私はオカルト好きなんです。今回の脚本の中にも、陰謀論や都市伝説を踏まえた細かな情報があったので、オカルト好きとしてはうれしいですね!」と自身の趣味を明かし、「最近はオカルト好きと言い過ぎて、知り合いから『月刊ムー』のオリジナルTシャツが届いたんです(笑)」と意外な事実を打ち明けた。

安藤が演じる和田は、待ち行く人から「探偵だ」と言われるほど、“生まれついての探偵顔”という役柄。

これに草川は「衣装合わせで初めて安藤さんとお会いした時に、プライベートでカメラをお持ちだったんです。探偵ってカメラを持っているイメージなので、『本当に探偵にいそう』と思いました(笑)」と安藤の第一印象を明かすと、安藤は「うそだろ!」と思わずツッコミを入れた。

最後に、安藤は視聴者へ向け「ヨーロッパ企画さんや上田さんのファンの方はたくさんいらっしゃると思うので、その人たちからブーイングされないように作品と向き合っています。また、そのファンの方以外の方にも愛される作品にしたいと思います!」とメッセージを送った。

■ 3月19日放送「タイムトラベラー編」あらすじ

和田(安藤)の元に、神経質そうな大学院生(草川)から「誰かに監視されている気がする。助けてください」と依頼が舞い込む。しかし、大学院生の家に行くが不審な点は見当たらない。

だが、思いがけない光景を目にして外に出た和田は、"タイムパトロール隊"を名乗る者たちに無理やりさらわれてしまう。そんな中、依頼人の家には謎の女があらわれ、依頼人を刺してしまう…。

■ 3月26日放送「壱岐島編」あらすじ

親子2人の依頼人から「長崎県の壱岐島に捨ててきたペットの犬を探してほしい」と相談され、和田は依頼を引き受ける。ところが仲間たちからは、「壱岐島には古くから語り継がれる鬼伝説がある」と脅される。

だが、それを信じず壱岐島へ犬を探し訪れた和田の元に、不気味な影が忍び寄る…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139140/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス