『ウエストワールド』シーズン2を含むHBO最新シリーズ、スターチャンネルで"最速独占"放送!

海外ドラマNAVI

2018/3/1 20:00

人気クリエイター、J・J・エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)製作、ジョナサン・ノーラン(『パーソン・オブ・インタレスト』)が監督を務める米HBOの『ウエストワールド』。第69回エミー賞では5冠に輝いた本作の最新シーズンを含む、日本未上陸の新シリーズがスターチャンネルにて日本最速独占放送となる。

【関連記事】『ウエストワールド』シーズン1におけるサプライズ展開の整理と、シーズン2に持ち越された謎(ネタばれ)

HBOは、TV番組の製作に関わる様々な業績を表彰し"TV界のアカデミー賞"とも称されるエミー賞において、直近の第69回まで16年連続でのトップ受賞を誇り、アメリカで最も高い評価と注目を集めるプレミアムケーブル局。HBO作品は日本国内において、2016年以来、スターチャンネルが"最速独占"で放送している。

2018年以降、スターチャンネルが日本初放送するHBO作品には、『ウエストワールド』シーズン2をはじめ、エミー賞歴代最多受賞数を誇る『ゲーム・オブ・スローンズ』の最新にして最終シーズンとなる『ゲーム・オブ・スローンズ 第八章』など、映画級のクオリティと世界的大人気のドラマ・シリーズが控えるほか、注目の新作も続々登場予定だ。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の意欲作でシャロン・ストーン(『氷の微笑』)主演の『モザイク~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』、ホリー・ハンター(『女捜査官グレイス ~天使の保護観察中』)、ティム・ロビンス(『ミスティック・リバー』)主演の『Here And Now(原題)』、『ゴーン・ガール』の原作著者ギリアン・フリンの小説を『メッセージ』や『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス主演で映像化する『Sharp Objects(原題)』、J・K・ローリング(『ハリー・ポッター』シリーズ)が別のペンネームで執筆した探偵小説に基づく『C.B. Strike(原題)』など話題のシリーズに加え、アル・パチーノ(『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』)主演『PATERNO(原題)』、レイ・ブラッドベリの原作で1966年に映画化された『華氏451度』をマイケル・B・ジョーダン(『クリード チャンプを継ぐ男』)主演でリメイクする 『FAHRENHEIT 451(原題)』など、映画ファンも必見の数多くの作品がスターチャンネルにて、いち早く独占日本初放送!

今後も放送日が決定次第お伝えしていくので、お楽しみに!(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウエストワールド』シーズン1より
(C)2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO

当記事は海外ドラマNAVIの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ