“叱らない子育て”で炎上中のSHIHO、女性誌で必死の釈明も「何も変わっていない」!?

日刊サイゾー

2018/3/1 10:00


 格闘家・秋山成勲の妻で、モデルのSHIHOが反感を買っている。夫の故郷・韓国で“カリスマママ”として活動し、2016年に出版された美容本『SELF CARE』は、韓国で大ベストセラーを記録。娘の紗蘭ちゃん(6)も、国民的スター子役として不動の人気ぶりだという。

そんなSHIHOの言動が物議を醸したのは、1月19日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でのこと。ママ友の東尾理子と旅行中、新幹線で紗蘭ちゃんが他人の座席へ行き、その人の携帯電話で勝手に遊び出したという。気付いた東尾がその乗客に謝って紗蘭ちゃんを席に戻したが、SHIHOは知らん顔。東尾は「もうちょっと紗蘭のことを怒ってあげたほうがいいのでは?」と指摘した。

さらに紗蘭ちゃんがハンバーガーのレタスを投げても、SHIHOは叱らなかったとマネジャーが暴露。彼女の言い分では「(投げたのではなく)外しただけ。食べたくないものは食べなくていい」そうで、これには松本人志も「てめえ、さっきから何言ってんだ!?」とツッコむしかなかった。

放送後、SHIHOには視聴者から批判が殺到。日本だけではなく、韓国からも「常軌を逸している」「子育てではない」とブーイングが上がった。

慌てたSHIHOは、一部女性誌の取材に「あの番組を観たうちの母にもすごく叱られちゃったんです。新幹線での一件はもう2年近く前のことなのですが、いまでは私の子育てが間違っていたと思っています。幼稚園の先生と何度も面談を重ね、主人とも改めて2人で話し合い、いままでのやり方を見直しました」とコメント。現在は「ママ、怖い!」と娘に言われるほど叱りつけているというが…。

韓国在住のライターによると「特段変わった様子はないそうですけどね。韓国の仕事先でも、かねてスタッフから『(娘を)甘やかしすぎて仕事にならない』と不満の声が上がっていたんです。娘の紗蘭ちゃんは気分屋で、撮影途中にスネたりするなど、スタッフも手を焼いていた。今回の件が、いいクスリになればと思ったのですが……。それまで一度も叱ったことがない親が、いきなり怒鳴りつけるなんて、まぁできませんよね。女性週刊誌のコメントは、騒動を沈静化させるためのポーズにすぎませんよ」という。そればかりか、SHIHOが「バラエティー番組なんか、出なければよかった」とグチっていたという情報もある。

“叱らない子育て”を提唱するはずが、予想以上に“叱られた”ことで、ヘソを曲げてしまったようだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ