イヴァンカ・トランプ、五輪閉会式出席も米代表選手から批判「なんでここにいるんだ?」

23日に韓国・平昌入りし、五輪閉会式にも出席した米トランプ大統領の長女イヴァンカ・ トランプ大統領補佐官。ある米代表選手がツイッター上でイヴァンカさんの参加を批判し、注目を集めている。

物議を醸すツイートをしたのは、フリースタイルスキー男子スロープスタイルに出場したガス・ケンワージー選手だ。閉会式出席のため待機している米代表選手たちの写真をアップするとともに、このように綴った。

「オリンピックに出場すること、閉会式で行進することを夢見て懸命に頑張ってきた選手たち。ここにいる皆を誇りに思うよ! ただしイヴァンカだけは例外さ。マジで、なんで彼女がここにいるんだ?」

同性愛者であることを公表しているケンワージー選手だが、五輪開催期間中にトランプ政権を批判するコメントはこれが初めてではない。2月15日の練習中に右手親指を骨折した彼は「怪我をした程度で試合を欠場するつもりはない」とツイートするも、「でも、これで(同性愛者に否定的な米副大統領の)ペンスと握手しなくてもよくなったんだから、結果オーライだ!」などと毒気たっぷりの発言をしていたのだ。

イヴァンカさんは平昌入り後、米代表選手らの競技を観戦するなど積極的に交流を図っていた。ボブスレー女子2人乗りで2位になったローレン・ギブス選手から「メダルをかけてみますか?」と提案され、「誰かの結婚指輪をはめさせてもらうような気分だわ」と言いつつ、「私なんかが(かけてみても)いいの?」と尋ねるなど謙虚な一面も見られた。

「なんてクールなのかしら!」と興奮しながら一度はギブス選手にメダルを返したイヴァンカさんだったが、グループ写真撮影時には「もう一度貸してもらえないか?」と尋ね「あなたにメダルを返すつもりはないって言ったでしょ」とジョークを飛ばす場面もあった。

後にこのもようを自身のInstagramで公開したイヴァンカさんだったが、メダリスト気取りとも思えるこの1枚には非難のコメントが殺到。このような痛烈な意見が相次いでいる。

「まるで学校の校庭で、“NO”と言えない行儀のいい子に『新しいおもちゃを貸せ』とせがむいじわるなプリンセスのよう。」

「他人の偉業を横から我が物顔でかっさらう、いつものトランプ流儀にはうんざり。」

「大統領補佐官の地位も、こうやって横取りしたんだろう?」

愛国心あふれる国民が一つになり、アスリートたちを応援する五輪という素晴らしいイベントにおいても、このように一挙手一投足が否定的に受け止められてしまうイヴァンカさんは、本当に気の毒としか言いようがない。しかし、これまでも“空気の読めない発言”で散々“吊るし上げ”にあってきただけに、今回もまた「いい加減にしろ」と冷たい反応が目立つようだ。

ちなみにケンワージー選手は2月18日、交際相手の男性とキスをする様子がテレビで放送され、五輪の生中継でこのようなシーンが映し出されるのは珍しく「歴史的な瞬間」だと大いに話題になった。本人はテレビに映っているとは気づいていなかったそうで、「子供の頃は、五輪の舞台でゲイがキスするところをテレビで見られるなんて、夢にも思っていなかったよ。でも今、家でこれを見ている子供たちにとっては、現実の光景として映ってるんだ!」と喜びを語っている。

画像は『Ivanka Trump 2018年2月25日付Instagram「Hanging out with amazing American athletes and their families as we get ready to watch USA in the men’s 4-man bobsleigh finals.」』『Gus Kenworthy 2018年2月18日付Twitter「Didn’t realize this moment was being filmed yesterday but I’m so happy that it was.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ