※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選

yummy!


※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選

こんにちは、沙木貴咲です。
チェックのプリーツスカートとリボン付き白ブラウスが女子高校生にしか似合わないように、年齢によってハマる・ハマらないファッションってあると思います。
そして、アラサーを迎えると、自分が好きで着ていても「年齢的に合わなくて着られなくなるもの」が出てくるんです。
無視して着続けると、痛い人認定されてしまうかも……!?

目次

1.ほっこり系


体のラインがあまり出ないワンピースや、ざっくり着るタイプのチュニック、ワイドパンツ、リュックサック(あるいは肩掛けバッグ)、ニット帽、スニーカーという「自然体の私が好きです」系。
あるいは、民族系の幾何学模様が全面に入った布地をつかったり、自然素材にこだわった綿やウールが多かったり、手染めや手作りだったり……「山ガール」もそうかもしれません。
これらの“ほっこり系”は、ナチュラルで飾らないけれど、しっかりと個性をアピールできる人気のファッションです。
けれどアラサーを迎えると、ほっこり系が段々と野暮ったく見えて、おばさんのイメージを作るかもしれないんです。
もちろん着る人によっては、三十路を越えても似合うでしょうが、大抵は年齢を重ねるにつれて、可愛らしさがどうしても抜けてしまいます。
「生活臭」というか、「貧相」というか……何とも言えない違和感が、ほっこり系ファッションに漂い出すでしょう。
体のラインが出ないデザインについては、今はスカンツやマキシ丈スカート、ロングカーディガンなどがありますから、素材や色で年齢に合わせたシックさが出るようにすると良いかもしれません。
派手な柄入りはやめるとか、足元はヒールにするなど、大人の女性の魅力を引き立てる工夫をしてみては?

2.かわいい系


パフスリーブ、フリル袖、バルーンスカート、リボンがついたバレエシューズ……かわいい雰囲気のある洋服は、やっぱり20代女子のもの。
三十路が近づいてくると、「ムリしてない?」感がジワジワと出始めます。
冬だと、ぬいぐるみのようなモコモコ、ふわふわ素材のセーターとか。これがさらにオフショルダー気味だったりすると、かわいい系が一気に場末のスナック嬢になってしまいます。
なんというか……実年齢を見失って、年甲斐もなくかわいいの着ちゃったけど、違和感しかなくて、「年取ったお水の人って大変だなー」みたいなイメージ……。
茶髪だったら、特に痛い感じになるので、三十路にさしかかったなら可愛らしさは卒業と思ったほうが良いかもしれません。
パフスリーブやフリル袖は二の腕の太さを紛らわす、なんて言いますが、そもそもそういうデザインが似合う年齢があるということをお忘れなく!

3.超個性派


個性的なファッションが幾つになっても似合う女性がたくさんいますが……これは芸能人だからこそ!
原宿系や下北沢系などの個性派ファッションは、アラサーまでいかなくとも、26歳くらいで既にキツイかもしれません。
筆者の友人に、三十路を越えて髪の毛をピンク色にした女性がいましたが(美容師でもなく、アパレルの販売員でもありません)、周りはドン引きでした。
似合う・似合わないじゃない!
その年でなにやってんの?的な……。
アラサーにもなれば、TPOをわきまえた服装を求められる機会もグッと増えてきます。
個性派ファッションが、「失礼な人」「空気が読めない」「社会人としてあり得ない」という評価として下される可能性もありますので、注意しましょう。

まとめ


三十路前後になれば、20代前半では着られなかったシックな服が上手に着こなせるようになります。
「着られなくなるファッション」がある一方で、「着られるようになるファッション」が出てくるんです。
若い世代の特権にしがみつくより、オトナ世代の特権を知り、取り入れていく方が賢いでしょう。
(沙木貴咲/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。