ジミヘンの未発表スタジオ音源「ラヴァー・マン」初公開

OKMusic

ジミ・ヘンドリックスの未発表スタジオ音源からなる新作『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』より、「マニッシュ・ボーイ」「ヒア・マイ・トレインAカミン」に続く最新シングルとして、「ラヴァー・マン」の音源が公開となった。

また、同曲の7インチシングル盤もリリースされた。サイドAには、1969年12月15日、NYのレコード・プラントにて、バンド・オブ・ジプシーズのビリー・コックス(B)、バディ・マイルス(Ds)と共に録音した「ラヴァー・マン」を収録。サイドBには、1967年11月10日、オランダ、バッセムのVitus Studiosにて録音された、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスによる「フォクシー・レディ」の未発表ライヴバージョンを収めている。

『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』は、『ヴァリーズ・オブ・ネプチューン』(2010年)、『ピープル、ヘル&エンジェルス』(2013年)に続く、未発表スタジオ音源からなるアルバムの第3弾。1968年1月~1970年2月の間にスタジオ録音された収録曲13曲のうち、未発表曲は10曲。楽曲の多くは、“バンド・オブ・ジプシーズ”によってレコーディングされたが、ミッチ・ミッチェル(Ds)、ノエル・レディング(B)のザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのオリジナル・メンバーや、スティーヴン・スティルス、ジョニー・ウィンター、ロニー・ヤングブラッドらゲスト陣も当時の録音に参加。プロデュースは、1996年以降にリリースされているジミ・ヘンドリックスのオーディオ/ヴィジュアル商品のすべてを手掛けているジェイニー・ヘンドリックス、ジョン・マクダーモット、エディ・クレイマーが手がけている。

さらに、日本オリジナル帯、歌詞・対訳・解説を収容した『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』の輸入盤国内仕様アナログLPも3月28日に発売される。

photo Chuck Boyd

アルバム『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』

2018年3月14日発売
※輸入盤国内仕様アナログLPは2018年3月28日発売

\n【日本盤CD】
SICP-5667/¥2,400+税
※初回デジパック仕様
※解説・歌詞・対訳、ジョン・マクダーモットによる英文ライナー付
<収録曲>
1.Mannish Boy
2.Lover Man
3.Hear My Train A Comin'
4.Stepping Stone
5.$20 Fine
6.Power Of Soul
7.Jungle
8.Things I Used to Do
9.Georgia Blues
10.Sweet Angel
11.Woodstock
12.Send My Love To Linda
13.Cherokee Mist

\n【輸入盤国内仕様アナログLP】
SIJP-63~64/¥5,500+税
※完全生産限定盤
※日本オリジナル帯、解説・歌詞・対訳、ジョン・マクダーモットによる英文ライナー付
※Gatefold Sleeve仕様、ナンバリング付
<収録曲>
1.Mannish Boy
2.Lover Man
3.Hear My Train A Comin'
4.Stepping Stone
5.$20 Fine
6.Power Of Soul
7.Jungle
8.Things I Used to Do
9.Georgia Blues
10.Sweet Angel
11.Woodstock
12.Send My Love To Linda
13.Cherokee Mist

7inchシングル「“Lover Man”  b/w “Foxy Lady” (7inch Vinyl Single)」

発売中

\n※完全生産限定盤 / 輸入盤
<収録曲>
A1.Lover Man
B1.Foxy Lady

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ