ナイツ、坂上忍にブチ切れられた過去を激白 「めちゃめちゃ怖かった」

しらべぇ

2018/2/23 20:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

22日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にお笑いコンビ・ナイツが出演。俳優・坂上忍(50)に激怒された過去を明かし、話題になっている。

■ナイツは暗すぎる?


番組では「女性人気ない芸人」の企画を放送。実力があるにも関わらず女性からの支持がない芸人たちが悲しみを嘆いた。その中で、ナイツは「僕ら、ポップ路線で売り出してましたからね」と、過去には髪を染めるなどポップ路線を目指していたことを明かし、スタジオを驚かせた。

さらに、ふたりは「浅草のイメージが強すぎる」と自己分析し、女性人気がない理由をネガティブに語り始めた。

そこへ、女性から絶大な人気を誇るお笑いコンビ・NONSTYLEのふたりが、ナイツについて「テレビに出ている姿が暗い」「もっと楽しそうに仕事をすれば…」とダメ出しする展開に。

■「テレビのテンションじゃない」とブチギレ


すると、塙宣之(39)は「ダウンタウンさんと酒を飲む企画に出たんですけど」と『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演した際のエピソードを語り始めた。

同企画は、ダウンタウンと坂上がゲストと酒を飲みながら本音で話すもの。その中で塙は「普通にお酒を飲んでいたら坂上さんにキレられた。(放送では)カットされていたんですけど、『何なんだそのテンションは! テレビのテンションじゃない!』とキレられて…」と告白した。

芸能界の大先輩である坂上に激怒されたことにふたりは大変驚愕したようで、土屋伸之(39)も「めちゃくちゃ怖かった。師匠たちはホメてくれるのに…」と、漫才協会の大御所たちと坂上の違いを嘆いた。

■ネット上では坂上批判も…


ナイツの思わぬ暴露によって、ネット上では「ナイツがかわいそう」「坂上が悪い」とナイツに同情する声があがった。






■パワハラと指導は紙一重


坂上としては、テレビに出演するバラエティタレントとしてのあり方を指導したつもりなのだろうが、受け取り方によっては「パワハラ」だという声もみられた。

「指導」と「パワハラ」をめぐってはさまざまな議論があるが、しらべぇ既報によれば、約半数が「「上司の発言が指導ではなくパワハラだと思ったことがある」と回答している。

ナイツのふたりは「もっとモテたい」「明るくなりたい」との姿勢のよう。何かと暗いイメージをもたれがちなふたりだが、坂上の発言によって、少しでも明るくなることができれば良いのだが。

・合わせて読みたい→坂上忍に「もう飽きた」が6割 「弱いものイジメしてるだけ」との意見も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

あなたにおすすめ