ダチョウ倶楽部「おでん芸」の秘密を暴露 「細かすぎる注意書き」に絶賛の嵐

しらべぇ

2018/2/23 16:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

芸歴30年以上を誇る大ベテランでありながら、今もリアクション芸の頂点にいるお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部。その代名詞ともいえる「アツアツおでん」は誰しも一度は見たことがあるだろう。

22日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、おでん芸の裏側を暴露されて話題になっている。

■細かすぎる注意書き


番組では、ダチョウ倶楽部のマネージャーからのタレコミを紹介。出演オファーの際には、相手側におでん芸の準備についてのリストを渡しているとし、「現場ではおでんの準備は私たちマネジャーがしていますので、他の方は触らないでください」と、さまざまな注意事項があることが暴露された。

そのリストによれば、「カセットコンロ×1、お椀×2、割り箸×3、さい箸×2、おでんの具セット×4袋、こんにゃく1袋、おしぼり×6本、ワゴン」で、用意するお椀はプラスチック製、こんにゃくは大きめのもので切らないこと、など細かな指示が書かれてあった。

■「みんなが知ることはない!」


この暴露を受けて寺門ジモン(55)は、現場によっておでんの具が入っていないなどのトラブルを避けるためと、ガイドラインのようなもの説明しながらも「あんまり出さないほうがいいよね、こういうのは。リアルにおでんのことが書いてある」と真顔でコメントした。

また、リーダーの肥後克広(55)は「一番大切なのは、テレビで伝わるのは湯気」と説明。「湯気を溜めてるから『(おでんのフタを)開けないでくれ』って言うんだけど、ギリギリになって局のスタッフが気になって開けて全部台無しになる」と裏側の悩みを語るも、こういったタレコミが世に出ることについては「失敗しないためにやっているわけで、みんなが知ることはない!」と苦言を呈した。

一方、上島竜兵(57)は「うん、うん」「そうなんだよ、まあ」と2人の話に頷いていた。

■「名人芸」と絶賛の嵐


裏側を暴露されたのち、万全の体勢でおでん芸に挑むことになったダチョウ倶楽部。計算しつくされた安定の芸に、スタジオは爆笑の渦に包まれた。ネット上でも「何度見ても面白い」と絶賛の声が相次いでいる。








■5人に1人が「ダチョウ倶楽部イズム」


ダチョウ倶楽部といえば、熱湯風呂での「押すなよ」「押せよ!」というやりとりも有名だ。ダチョウ倶楽部の影響により「やるなよ=やれ」のネタ振りだと感じている人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,376名に「『やるなよ』は『やれ』のネタ振りだと思うか」について調査したところ、約2割が「『やれ』のネタ振りだと思う」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

およそ5人に1人が「ダチョウ倶楽部イズム」を受け継いでいるようだ。

「熱い!」「やめろ!」とリアクションをしているだけと思われがちだが、その裏では、スタッフへの要望、具材の選択など緻密な計算があるようだ。

・合わせて読みたい→Google翻訳がダチョウ倶楽部の「あのギャグ」を理解?釣られる人続出

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ