紗栄子、中学生時代に「ブス」と言われた男子からの恥ずかしい暴露話にア然


2月21日放送の「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)にモデルでタレントの紗栄子が登場し、中学生時代の同級生から「テレビでは言えない」という驚きのエピソードを披露され「何それ!?」と唖然とする場面が見られた。

紗栄子、初のファンクラブは中学生時代


宮崎県宮崎市出身の紗栄子がこの日「あいつ今何してる?」と気になったのは中学時代の同級生。紗栄子が通った中高一貫の私立日向学院の合格実績を目にしたMCのネプチューン・原田泰造が「バリバリの進学校じゃん!」と目を丸くすると、紗栄子は「(進学校)に行ってたんです。一応」と微笑んだ。

事前インタビューのVTRが流れると真剣な表情で卒業アルバムを見つめる紗栄子の姿が。するとその中から1人の男子生徒を指差し「清水、仲が良かったんですよ。『ブス』って言われたりとか『あんただってブサイク!』って言ったりとか」と笑う。「ちょっとなんか意地悪された時に(清水君が)野球部だったんですけど、その時に野球部の主将が“紗栄子ちゃんファンクラブ”みたいなものを結成してて、だから私の人生で初めてのファン?(という)その主将にチクって怒ってもらって。でも良いヤツなんで、それからは『ブス』みたいなのもなく、仲良く自転車に乗って一緒に途中まで帰ったりとか」とエピソードを披露。

このVTRを見たMCのネプチューン・堀内健は「1回ケンカしたら仲良くなるみたいなね」と共感すると「そう!なんかあるじゃないですか!ちょっかい出したい時期って」と喜ぶ紗栄子。

VTRに登場した宮崎市役所勤務の清水君は、紗栄子のエピソードVTRを見て「ブスと言った記憶は全くないですけど」とトボケたが、スタジオの紗栄子は「言われた方は覚えてるんだよ」とチクリ。

そんな清水君は「理科の授業があってメジャーを使う実験なんですけど、その時に紗栄子さんの鎖骨下あたり(胸囲)を測るっていうのはしました。テレビでは言えませんけど、比較的すんなり測らせてくれた」と明かすと紗栄子は「何それ!?」と驚いていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ