『ホリデイラブ』中村倫也の「渡劇場」にネット大爆笑…松本まりかの壊れっぷりに戦慄


 仲里依紗演じる“サレ妻”(浮気をされてしまう妻)が主人公の連続テレビドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)。今のところ、髙森杏寿(仲)の旦那・純平(塚本高史)の浮気相手、井筒里奈(松本まりか)と“超ドS”旦那の渡(中村倫也)にほぼ毎回話題を持っていかれている。

今回、里奈が渡の前で口を滑らせてしまったことで、純平の会社にパートとして働きに出ていたことがバレてしまう。もちろんこれも里奈のしたたかな計算によるものだが、激怒した渡は純平と杏寿を自宅に呼んで、話し合いをすることに。ついに2組の夫婦が対面することになったのだが、実際は渡の独壇場。執拗に純平に弁明を求め声を荒げる姿は、恐怖以外の何ものでもなかった。

すると、やりすぎともいえる中村倫也の怪演ぶりに、インターネット上では瞬く間に「渡劇場」という言葉があふれる事態に。「もうほんと渡劇場が面白すぎる」「笑いすぎた」と、なぜかドラマ内容と反して“爆笑した”という声が多数。どうやら、髙森夫婦が訪問した際に渡が発した「里奈アァ! 奥さんが来てくださったぞオオォォ!」という雄たけびや、里奈と淳平の説明が食い違うたびに「最初からやり直しだぁ!」と言ったり、「このクソ共がぁ!!」といった狂気じみたセリフが、あまりにも常軌を逸していたために、ホラーを通り越して視聴者の笑いのツボを刺激したようだ。

中村といえば、蛇のようにねちっこく陰湿な役をやらせればピカイチというほどハマり役であり、これまでも『闇金ウシジマくん Season3』(毎日放送)などに出演している。また、旬のイケメン俳優というだけあって「渡にののしられたい!」という女性もけっこういるようだ。今クールは亀梨和也主演の『FINAL CUT』(フジテレビ系)にもゲストで登場。ほかにもCMではヘタレ夫役を演じるなど、山田孝之に次ぐカメレオン俳優としても話題沸騰中だ。しかも、いまだにこれらの役を同じ人が演じていると気がついていない人もいるというほどだから、すごいとしか言いようがない。

その一方で、里奈は杏寿の前でものうのうと自分が愛されていたということをペラペラとしゃべり、視聴者のイライラを一手に引き受けることに。ただ、今回はすでに杏寿も不倫未遂をしていることから、サレ妻も浮気相手も共感を得られることは少なかったようだ。

ただ、最後の最後に杏寿のベッド不倫現場写真を純平にみせたことで、修復しかけていた夫婦仲が再び悪くなりそうな予感。里奈のように、言ってもいないことをあたかも真実のように浮気相手の妻の前で吐き、しかも自分の旦那の前で浮気を正当化し、しまいには「愛し愛されていた」なんて抜かすようなキャラクターは、どこからどう見ても“危ない奴”にしか見えないが、そんな女にまた騙されてしまいそうな純平はどこまで馬鹿なのだろう。結局、見ていて一番イライラしてしまうのは純平だ。

そもそも杏寿の写真を撮ったのは誰なのか? 黒井由伸(山田裕貴)か? 坂口麗華(壇蜜)の罠か? それとも里奈がすべてを仕組んでいたのか? この謎に絡んだ3人の関係がどうかかわってくるのかも、注目だ。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

あなたにおすすめ