最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「原子1個」を捉えた画像。英国の科学写真コンペ優秀賞も納得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
180219atom
Image: David Nadlinger via EPSRC

原子赤裸々。

トップ画像の真ん中にある、小さな青紫色の点。これこそが肉眼で見られるとは思ってもいなかった「原子1個」の姿です。ちょっと見づらいので、下の画像で拡大しました。
180219atom2
いましたね。
Image: David Nadlinger via EPSRC

写っているのはストロンチウム原子一個です。レーザー光で励起状態にされると光を再放出するという原子の性質を利用して撮影されました。

この写真は英国工学・物理科学研究会議(EPSRC)の5度目となるフォトコンテストで優勝しました。表彰されたDavid Nadlingerさんはオックスフォード大学の院生で、研究の成果を披露できたことに大興奮。

「僕が日夜取り組んでいることを表しつつ、人々の心に響く画像を見つけられたことにワクワクしている」とNadlingerさんは米GizmodoのMandelbaum記者に語りました。彼にとって最高だったのは「コンペに優勝することよりも、僕の研究について人々を楽しませるチャンスを得たこと」なんだとか。

Nadlingerさんは量子コンピューターについての研究の一環として、原子をイオントラップの真空室に閉じ込めていました。そして、イオントラップの真空室の窓越しに、露光時間を長くすることで、原子が光子を排出する様子をとらえることができたとのこと。

EPSRCは英国における物理科学研究の支援を行っている主な団体で、フォトコンテストには100枚以上のエントリーがありました。他の作品もとても興味深く、かつ美しいのでぜひご覧あれ!
180219atom3
あるポリマーの異なる形状をスクリーニングをしている様子。ノッティンガム大学のMahetab Amerさん撮影
Image: Mahetab Amer via EPSRC
180219atom4
この画像は泡の形成を研究するため、石鹸の泡の動きを明らかにしたもの。EPSRCのサイトによれば、「ビスケット缶2つ、オーブンのトレイ、飲料水ボトルのパーツ、透明フィルム、食器用洗剤、照明とデジタル一眼レフカメラ、ニコンのD500に105mm VRマクロレンズで構成される、高度にカスタマイズされた機材一式を使って撮った」とのこと。インペリアル・カレッジ・ロンドンのLi Shenさん撮影
Image: Li Shen via EPSRC
180219atom5
生体適合性シェルに囲まれたガス状の内殻の透過電子顕微鏡像。後処理なし。オックスフォード大学のEstelle Beguinさん撮影
Image: Estelle Beguin via EPSRC
180219atom6
セルフィ―を撮るロボット。ブリストル大学のLuke Cramphornさん撮影
Image: Luke Cramphorn via EPSRC
180219atom7
格子構造に3Dプリントされたアルミニウムは、可能な限り軽量かつ強固。ノッティンガム大学のSam Catchpole-Smithさん撮影
Image: Sam Catchpole-Smith via EPSRC
180219atom8
もっと効率的に薬物を届けられるかもしれない生物分解性のあるボウル型微粒子をカラー化した画像。オックスフォード大学のTayo Sanders IIさん撮影
Image: Tayo Sanders II via EPSRC


Image: EPSRC
Source: EPSRC

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(たもり)

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス