『ゴシップガール』ブレイク・ライヴリー、産後に27キロ痩せたダイエット方法とは?

海外ドラマNAVI

2018/2/20 08:00

大ヒットドラマ『ゴシップガール』のセリーナ役で知られるブレイク・ライヴリー。彼女は現地時間の12日(月)に自身のInstargramを更新し、2016年9月に第二子を出産してから61ポンド!(約27キロ)の減量に成功したことを報告。一体どんなダイエットを行ったのだろうか。

【関連記事】『グレアナ』『ゴシップガール』『ホワイトカラー』...あの人気ドラマスターのその後

そんな秘密を教えてくれたのが彼女のパーソナルトレーナーを務めるドン・サラディノ氏。彼はブレイクの夫ライアン・レイノルズ(『デッドプール』)や『ゴシップガール』で共演したセバスチャン・スタン(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)も担当しているトレーナーだ。

「妊娠で増えた61ポンドは、Instagramを見ながら"どうしてこのビキニモデルみたいになれないのかしら"と考えているだけでは落とすことができないとわかったわ。ありがとうドン・サラディノ。10ヶ月で増え、14ヶ月で落とす。とても誇らしいわ」と素晴らしい体型を披露した写真と共につづったブレイク。

サラディノ氏は米E!Newsの独占取材を受け、14ヶ月間に及んだブレイクのダイエット法を明かしてくれた。

まずはワークアウト「彼女は週に4、5日ジムにいました。基本は1日1時間のトレーニングをしますが、子どもとの時間のために2、30分しか時間が取れない日もあり、別の日に自分でそれを取り戻しました。これも達成可能な方法です」

ブレイクは急激に体重を減らすことはせずに、できる範囲で時間をとりながら確実にやっていくことを望んでいたという。内容については、まず身体の動かし方の修正をすることからするそう。毎日子どもを抱く母の身体にはかなりの負荷がかかってしまっているため、身体を正しく動かせるように整えていくという。そして、少しきつくなるが脂肪燃焼のためにはウェイトトレーニングを行い、その日の終わりにエネルギーレベルに合わせて有酸素運動を取り入れているようだ。子育てや仕事に疲れている母親に無理なトレーニングを課すことは無責任なこととし、心拍数を上げなくてもカロリーが消費できる方法で毎日のトレーニングを行ったという。

続いて食事の仕方について。「彼女は仕事をし、旅行に行き、子育てをしています。毎日同じものは食べません。ですから、"良い物"を食べることを意識しました。もし彼女がパスタを食べていれば、それは質の良いパスタということ。もし彼女がクッキーを食べていれば、質の良いクッキーということなのです。加工食品やジャンクフードは避けることを心がけていました。これは誰にでも出来る方法だと思います。彼女はアルコールを飲みません。ほどよく頑張り、パーティではデザートも食べます」

ダイエットをする場合、まず炭水化物を避ける人が多いだろう。しかし、サラディノ氏によれば低炭水化物は体内の水分も減り、必要なエネルギーも奪われてしまうという。一時的に体重を落とすことができても次に"悪い"炭水化物を摂取すればすぐに元に戻ることに。「炭水化物は燃料とエネルギー源です。ブレイクはそのことを理解し身体にエネルギーを与えていました。自分の体が必要とするものを与えることでエネルギーレベルが最適であることを確認していました。それは"すべての食べ物"を食べることを意味します。つまり、ブレイクもケーキやクッキーを食べたいなら食べるでしょう。食べたいものは食べ、運動をすることで体をストレスから解放するのです。彼女は望む形で理想の体を得ることができました。14ヶ月かかりましたが、とても美しくなりましたね」

ダイエット中のブレイクは「これはしなければいけないことで、私は楽しむ必要があるわ。自分自身に多くのプレッシャーをかけたくないの。私は良い日々と悪い日々の両方を過ごすつもりだし、すべてはただの過程よ」と言っていたという。

サラディノ氏は「14ヶ月と設定したわけではなく、ちょうど14ヶ月かかったのです。ダイエットをする人の中には、"すぐに痩せる"という話を聞き間違ったアプローチを取っています。私が14ヶ月かかるプログラムを提供しようとすれば誰も食いついてはこないでしょうが、ブレイクは二人の子どもがいる母親とは思えないような身体になりました。彼女自信が誇りに思っているし、自慢の身体を手にしました」と、振り返っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブレイク・ライヴリー
(C)NYKC/FAMOUS

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ