『レディ・プレイヤー1』遂に三船敏郎の姿が明らかに!キャラクターアート解禁

海外ドラマNAVI

2018/2/20 07:00

『ジュラシック・パーク』、『インディ・ジョーンズ』、『バック・トゥ・ザ・フーチャー』―― 世界中で人気のライド・アトラクションにもなった映画シリーズを次々に生み出してきたスティーヴン・スピルバーグ監督が贈る『レディ・プレイヤー1』が4月20日(金)より公開となる。この度、本作で壮絶な宝探しのアドベンチャーを繰り広げるトレジャーハンターたちのキャラクターアートが解禁となった。

【関連記事】子どもの頃、誰もが夢見た世界がそこに!『レディ・プレイヤー1』誕生秘話映像が公開

このキャラクターアートの注目ポイントは、一枚の絵柄に二人のキャラクターが描かれていること。そう、このポスターには現実世界の彼らとVRワールドOASISでの彼らのアバターが描かれているのだ。注目は右上の日本人役のトシロウ(森崎ウィン)。赤い兜と赤い鎧姿が勇ましい彼のアバターの"ダイトウ"は日本の侍がモチーフ。なんとダイトウのアバターの顔が、あの"世界のミフネ"こと三船敏郎をモチーフにしていることを原作者のアーネスト・クラインが明かし、更なる話題を呼んでいる。

そして左下中央が主人公のウェイドのアバター"パーシヴァル"。青い髪をなびかせ、左の頬に印象的なマーキングを施している爽やかながらもワイルドなイケメン風。実際のウェイドより少しだけカッコよくもみえるが、それはどんなことも実現できるOASISの世界だから問題なし! このアバターに関して先日来日したクラインは「パーシヴァルのイメージは、かなり日本のアニメなどから影響を受けているんだ」と日本キャラクターを意識したことを語っている。

右下中央にいる本作のヒロイン、サマンサは大きな瞳がたまらなくキュートなアバター"アルテミス"。先に解禁された予告編では、 OASIS内のバーと思われる場所で大胆にウェイドに迫り、現実の世界では陰謀を企む強大な敵にひるむことなく、ウェイドに「やるしかないよね!」と発破をかける。そのかわいらしい容姿とは裏腹に血気盛んなサマンサだが、ウェイドの手をそっと握るその眼差しは優しさに満ち溢れており、どうやらただのハンター仲間では終わらなそうな気配をひしひしと感じる。そして左端の見るからに素早そうな忍者風の"ショウ"や、右下の怪力を活かしたバトルが得意そうな"エイチ"など、5人のトレジャーハンターたちは皆個性的。果たして彼らはどのような大冒険を繰り広げるのか?今から期待に胸が高まる!

『レディ・プレイヤー1』は4月20日(金)より公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レディ・プレイヤー1』
(C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ