最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バレエファン歓喜!気鋭の振付家ウェイン・マクレガー作品「ウルフ・ワークス」が映像化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2月18日(日)24時から放送の『プレミアムシアター』では、英国ロイヤル・バレエ「ウルフ・ワークス」と、シュツットガルト・バレエ「ロメオとジュリエット」(再放送)をおくる。

この「ウルフ・ワークス」は、ヴァージニア・ウルフの小説にインスパイアされたバレエ三部作。2015年に初演され、英国内で数々の賞に輝いた気鋭の振付家ウェイン・マクレガーの作品の待望の再演を収録。英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活躍する高田茜も重要な役で登場している。

そして、世界中のバレエ・ファンが映像化を待ち望んできたという、「演劇的バレエの天才」と称されるイギリス人振付家ジョン・クランコ(1927-1973)の作品から「ロメオとジュリエット」を、国際共同制作で世界初の映像化。主役に人気プリンシパルが配されたほか、80歳を迎えたクランコのミューズ、マリシア・ハイデがジュリエットの乳母役で出演。ほかにも、バレエ団のレジェンドが重要な役で登場する。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス