田中れいな主演ミュージカル『ふしぎ遊戯』続編制作決定 「‐蒼ノ章‐」公演

クランクイン!

 2016年に公演したミュージカル『ふしぎ遊戯‐朱ノ章‐』の続編として、ミュージカル『ふしぎ遊戯‐蒼ノ章‐』の公演が決定した。出演者には前作からの続投で、夕城美朱役に田中れいな、鬼宿役の平野良が主演を務める。

【写真】前作『ふしぎ遊戯‐朱ノ章‐』囲み取材&最終リハーサルフォトギャラリー

渡瀬悠宇により1991年から「少女コミック」(小学館)にて掲載された『ふしぎ遊戯』は、現在シリーズ累計販売は2000万部を越え、女子中学生が本の中に吸い込まれてしまう幻想的なストーリーで、乙女のココロを鷲掴みにした。1995年にはアニメ化もされ、「ふし遊」旋風を巻き起こした。

2016年に公演した前作、ミュージカル『ふしぎ遊戯‐朱ノ章‐』の製作には、過去に渡瀬作『ふしぎ遊戯』『絶対彼氏。』を舞台化した実績を持つamiproが務め、キャストには田中、平野のほか、坂田しおり、寿里、前山剛久、宮地真緒、小谷嘉一、滝川英治、橘龍丸、服部翼、富田大樹、栗生みな、我善導、藤宮潤らが出演した。

前作では、主人公の夕城美朱は親友の本郷唯と共に、「四神天地書」という不思議な本の中の異世界に吸い込まれたところから始まり、美朱が「朱雀の巫女」、唯が「青龍の巫女」としての任務を負い、様々な不幸が重なり、対立していく。美朱と唯は、それぞれの神を招喚し3つの願いをかなえるべく、その招喚に必要な「七星士」を捜す旅を描いた。

『ふしぎ遊戯‐朱ノ章‐』の続編として、美朱と鬼宿、そして唯らの旅の続きを描くミュージカル『ふしぎ遊戯‐蒼ノ章‐』は、10月13日から21日まで、全労済ホール/スペース・ゼロにて公演。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ