「弟がピンクのフリル!?」そんな悲劇を避ける「男女間おさがり」子ども服選び4カ条


すぐ着られなくなってしまう子ども服。2人以上子どもがいる家庭なら下の子へのおさがりで再利用できるものの、性別が違う場合はそうはいきません。下の子がいるのにおさがりを活用できないなんてもったいない! と無理やり着せちゃう、なんてママもいるのでは?

たまに見かけますよね、フリルを着ている男の子、戦隊モノを着ている女の子。はたから見ると、かなりちぐはぐ感は否めないのですが、子ども服のコスパを考えるとついやってしまう“あるある”だったりも…。

「もったいないけど、フリマアプリに出品する時間の余裕もないし…」というママの悩みをよく聞きます。実は、解決の近道は、ちょっとした「洋服選び」のコツにありました。

■男女おさがり術その1:値の張るアウターは「ユニセックスなデザイン」

例えば、秋冬もののアウター。子ども服の中でも、結構な値段がするアイテムですね。できれば、下の子にもたっぷりと着てもらい、元をとりたいものです。

となれば、高価なアイテムを選ぶ基準は、ユニセックスなデザインに着目すべし。リボンやフリルなどのガーリーなデザインはできるだけ避け、男の子でも女の子でもOKなデザインを選びましょう。

おしゃれに敏感になってきた女の子には「これにふわっふわのスカートを合わせたらお姫さまみたいだよ」と、コーデ提案でテンションをあげてみましょう。

■男女おさがり術その2:迷ったら「男女兼用3大アイテム」を選ぶべし

男女兼用マストアイテム1:「黒のレギンス」

男女兼用できるアイテムのナンバー1は「黒のレギンス」。男の子はもちろん、女の子がそのまま着てもかわいいですし、スカートやワンピースのインに合わせるのもOK。

どんなコーディネートにもどんなシーンにも活用でき、さらに、よそいき着でも保育園着でも対応可能です。筆者はサイズアウトするたびに買い足しているほど。ファストファッションブランドで安価で手に入るのもうれしいですね。

男女兼用マストアイテム2:「デニムパンツ」

言わずもがな、どんなトップスとも相性抜群の着まわしアイテムです。

選ぶ際のポイントは、ゆったりとしすぎないスキニーシルエットを選ぶこと。あまりダボっとしていると女の子には似合わない場合も。さらに装飾やワッペンなどのついていないベーシックなデザインを選ぶこと。デザインディテールで男女差が出がちなので、いたってシンプルなものがオススメです。

男女兼用マストアイテム3:「オーバーオール」

もっておくとコーディネートの幅が広がる「オーバーオール」も男女兼用可能なアイテムのひとつ。合わせるインナーによって印象をいろいろ変えられるので、とても便利です。女の子の場合はフリルたっぷりのブラウスを合わせると喜んで着てくれそうです。

毎日着るようなTシャツやパンツも、せっかくならできるだけ男女兼用できるデザインのものを選びたいところ。スニーカーは色に着目。黒やグレー、赤などなら男女兼用率が上がりますよ。

■男女おさがり術その3:OK? NG? 「色・柄選びの見極めポイント」

まず、ボーダーアイテムは鉄板。ボーダーを着る女子はモテない説がその昔あったりもしましたが…キッズの女の子が着るボーダーはかわいいので問題なし!

もし、キャラクターものを選ぶとしたら、プリンセスや車など、男女を確定させてしまうものは選ばないほうが無難。その点、みんな大好きミッキーマウスなどは男女兼用OKです。

避けがちなピンク、実は男の子は意外と抵抗なく着てくれます。反対に、女の子はブルーを好む時期があるので、この色も男女兼用できますね。問題は色ではなく、デザインのディテール。シンプルなものであれば間違いありません。

■男女おさがり術その4:こだわり女子には「ヘアメイク・小物」でフォロー

男の子に比べ、女の子は成長するにつれて、ピンクやフリルがあしらわれた“ザ・女の子”な服を好み出す子も多く、着るものにこだわる場合も。ユニセックスな色や柄の服を嫌がる場合もあるでしょう。

そんな時は、洋服ではなく「プリンセスみたいな髪型にしてあげる~!」などとヘアスタイルで盛り上げると効果的ですよ。遊びでアクセサリーをつけてあげるのもいいですね。

すぐサイズアウトする子ども服、男女兼用の着回し術で、せっかくだから下の子にも活用しましょう。「まだまだ下の子も着らるから…」と思えば、ママもちょっと奮発して、いいものを買おうかなという気持ちも出てくるでしょう。選び方のひと工夫で、お気に入りの洋服を、子ども同士で長く大切に着継いでみてはいかが?

文/aica
(ライターチーム123)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ