サスペンスの裏女王・山村紅葉とまさかのデート ドラマ『もみ冬』第6話

しらべぇ

2018/2/17 12:00


『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』

今夜10時より、ドラマ『もみ消して冬』(日本テレビ系)の第6話が放送される。4話までの展開とはうって変わって兄弟対決となった第5話を振り返りつつ、今夜の見どころを見ていこう。

■どんでん返しに次ぐどんでん返し


急接近する博文(小澤征悦)と里子(恒松祐里)に焦る秀作(山田涼介)は、里子が気になっていると博文に打ち明け、身を引いて欲しいと牽制するも「本気で勝てると思っているのか」と一蹴される。

今まで兄に欲しいものを横取りし続けられる人生だったが、今度ばかりは勝ってみせると心を決める秀作。どうにかして勝つ手段はないか…そして思いついたのが、博文と次期院長争いをしている善財(竹森千人)を利用すること。

善財のもとを訪れると、博文は自分より先に結婚するために張り合っているだけであり、自分が結婚すれば諦めるだろうと言われ、秀作は善財が結婚できるよう手伝うことに。

だが、博文の様子は変わらず、善財に利用されただけだと秀作は気づく。

バレンタインデーを迎え、博文は里子とクルーズディナーのデートへ。もはや諦めていた秀作だが、知晶(波瑠)にけしかけられて里子を追いかけると、クルーズの乗り場がある埠頭で里子が待っていた。

驚く秀作に、「お前のために一肌脱いだんだ」と電話で告げる博文。だがこれは、里子以上に結婚にふさわしいと感じた女性と出会ってしまい、丸く納めるためについた嘘だった。

しかし、じつはこれは善財が計画したハニートラップ。善財が一足先に結婚を決めたことを伝えられ、博文は騙されたことに気づくのだった。

■兄弟対決に山田ファンの不安?


秀作と博文が里子を巡って対決した第5話だが、この構図からあるドラマを思い出す視聴者が続出。

1人の女性を巡って兄弟対決という展開が、2016年に放送された山田主演のドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)を連想させたようだ。

毎話なにかしらの犯罪を犯している展開を伏線と考える視聴者も多く、今後秀作が捕まってしまう展開も十分あり得るかも?

■父の殺人未遂事件が発生


第6話のあらすじをドラマ公式サイトから見てみよう。

「泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。その夜泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。

そこで秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べするが、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいとにらむ秀作。

ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人と違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つからない。

さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく。秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくがー」(公式サイトより)

■山村紅葉が四代目・金田一とデート


泰蔵の殺人未遂事件に「サスペンスの裏女王」とも呼ばれる山村紅葉の登場で、また一味違った雰囲気になりそうな第6話。

予告映像には山村演じるこずえと秀作がホテルデートをする様子も映っており、ネット上では「まさかの山村紅葉さん」「四代目・金田一少年と対決!?笑」などの反応が確認できる。

その一方で、第5話で進展を見せた秀作と里子の関係性も見逃せない。

■山田涼介の初解禁が…なぜコレ?




そんな中、同番組公式ツイッターで投稿された写真がファンの間で話題になった。

じつは山田が所属するジャニーズ事務所は先日からアーティスト公式サイトやドラマ公式サイト以外での写真を徐々に解禁しており、『もみ冬』公式ツイッターもついに山田の写真をアップ…したのだが、そのときの表情がなかなか絶妙な仕上がり。

これを受け、ファンからは「初解禁の写真がこれなのか不思議(笑)」「山田くん何か吸い取らててる感」「写真のチョイスよwww」などツッコミが相次いだ。

さまざまな登場人物の思いが交錯し、それぞれのキャラクターから目が離せない今作。まだまだ先が見えない点も多いので、伏線やラストの着地点を想像しながら見てみるのも面白い。

《これまでに放送された『もみ消して冬』記事はこちら

・合わせて読みたい→『もみ消して冬』兄と弟が三角関係に 「色気ムンムン大作戦」で突破?

(文/しらべぇ編集部・菜箸ヨーコ イラスト/ミキシマ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ