伊藤美誠、張本智和ら若手が団体W杯へ「いい色のメダルを」

ザテレビジョン

2018/2/16 20:07

2月22日(木)から25日(日)にイギリス・ロンドンで行われる卓球「2018 ITTFチームワールドカップ」の記者会見が都内で行われ、男子グループリーグ出場の丹羽孝希選手、張本智和選手、大島祐哉選手、上田仁選手と、女子グループリーグ出場の石川佳純選手、伊藤美誠選手、平野美宇選手、早田ひな選手が登壇した。

同大会は二年に一度開催される団体戦世界一決定戦で、オリンピック、世界卓球に並ぶ卓球団体戦“世界三大タイトル“の一つ。

今大会でシニア団体戦のデビューとなる張本選手は、「自分が一番若いので、一番声を出して盛り上げていきたい。近い大会で世界一になれる大会がこの大会なので、絶対世界一になりたい」と意気込んだ。

ワールドカップ団体戦への出場は初となる平野選手も、「世界大会は初めてなので楽しみです。立ち向かっていくだけです。少しでもチームに貢献したいです」とコメント。

伊藤選手は、全日本選手権チャンピオンになって迎える団体戦ということで、「全日本が終わって初めての大会なので、一戦一戦勝ち抜いていきたいです。このメンバーでの団体戦は初めてなので、一丸となっていい色のメダルを持ち帰りたいです。

ピョンチャンオリンピックではたくさんの選手がメダルを取っているので、私たちも頑張らないといけないという気持ちになるし、私たちがワールドカップチームをやっている時もオリンピックは行われているので、一緒に頑張っていけたらいいなと思います!」と気合十分。

また石川選手は、「(開催地の)ロンドンは19歳の時にオリンピックで初めてメダルを取った場所なので、いい思い出の地です。そこで試合できるのがうれしいし、久しぶりの団体戦で楽しみにしてます。初キャプテンとして頑張りたいです!」と笑顔で語った。

打倒中国を掲げ、チーム一丸となり世界に挑む8選手。女子の大会はテレビ東京系で、男子の大会はBSジャパンにて放送される。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/137638/

あなたにおすすめ