入れるの!? 入り口も更衣室も浴室も「雪印コーヒー」まみれの銭湯が登場

しらべぇ

2018/2/16 18:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

発売55年を記念して、55種類のアイテムをプレゼントしたり、55文字のラブレターを募集したりと、1年に渡って各種イベントを行なってきた「雪印コーヒー」。

その締めくくりとして…なんと「雪印コーヒーの湯」を作ってしまったのだ!

■レトロな銭湯が!?


舞台となったのは、大田区にある「明神湯」。田園調布駅からバスで15分ほど、閑静な住宅地にあるレトロな雰囲気が魅力的な銭湯だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

壁には入浴者心得が貼られ、かぶるタイプのドライヤーも鎮座。

(©ニュースサイトしらべぇ)

シャンプーやリンス、そして…雪印コーヒー!?

(©ニュースサイトしらべぇ)

■壁に「入浴する雪印コーヒーたち」


(©ニュースサイトしらべぇ)

浴室に入ると、壁には「擬人化(?)雪印コーヒー」が入浴している絵が。この壁画は、全国で3名しかいない銭湯絵師・丸山清人さんが手がけたもの。丸1日かけて書き上げたという絵は、男女の浴室でつながっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

できればどちらも見比べたい…かわいい…。

シャワーには「雪印コーヒー」の桶も用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そして、いざ、湯船を見ると…

(©ニュースサイトしらべぇ)

茶色い。明らかに右側、茶色い。これは!

■色も匂いも「雪印コーヒー」


(©ニュースサイトしらべぇ)

そう、「雪印コーヒーの湯」!!

(©ニュースサイトしらべぇ)

目に優しい色、そしてふんわり漂う甘いいい匂い。ああ、まごうことなき「雪印コーヒー」だ…。

もちろん、商品がそのまま入っているわけではなくて再現したもの。それでも、目を瞑って深呼吸すると、雪印コーヒーが目の前にあるような錯覚をしてしまう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

これが普通のお湯。そして

(©ニュースサイトしらべぇ)

こちらが雪印コーヒー。かなり濃い茶色なのだ。

いろんな匂い・色を試した上で、決定したというこのお湯。「うわ、この匂いは甘すぎ!」な失敗もあったんだとか。

■老若男女に愛される存在


(©ニュースサイトしらべぇ)

「銭湯に入ってから、飲む雪印コーヒーは最高に美味しい」「老若男女が集まる場所で、ど真面目にやりたい」そんな想いから、明神湯での「雪印コーヒーの湯」が実現したそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

雪印コーヒーに浸かり、雪印コーヒーを飲む。身も心も雪印コーヒーまみれになれるのは、2月16日~18日の3日間限定。

変わり種お風呂好きも、雪印コーヒー好きも、絶対に見逃せない!

ちなみに…

(©ニュースサイトしらべぇ)

どんなに美味しそうでも、絶対飲まないように。

・合わせて読みたい→からあげを最強にウマくする『からあげ三種の神器』2017年秋版

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス